ArcGIS 10.3.1 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて

先日リリースした ArcGIS 10.3.1 for Desktop の国内データ変換ツールについてご紹介します。

国内対応パック
国内対応パックには、日本国内でよく使われているデータ形式の変換ツールが含まれています。インストールすると ArcToolbox に [変換ツール(国内データ)] ツールセットが追加され、ジオプロセシング ツールとして利用できます。

01_2
<前バージョン 10.3 からの変更点>

・[法務省地図 XML のインポート] ツール
・[DM データのチェック] ツール

上記 2 つのツールが新規ツールとして追加されています。法務省から提供されている地図XML フォーマットに対応しました。
[DM データのチェック] ツールは ArcGIS 「ArcGIS 10.3 for Desktop 国内対応パック 変換ツール パッチ」 または「ArcGIS 10.2.2 for Desktop 国内対応パック 変換ツール パッチ」を適用することで下位バージョンでもご利用できます(要サポートログイン)。
また、ArcGIS 10.3.1では SXF 共通ライブラリ Ver 3.3 を使用します。

ダウンロード ツール
Esri 製品サポート ページにおいて、以下のツールをダウンロードしてご利用いただけます。
ArcGIS 10.3.1 for Desktop では、ArcGIS 10.3 対応版をそのまま利用していただけます。ただし、ジオメトリ変換ツールは不具合を修正したバージョンが公開されていますので、最新版をダウンロードしインストールしてください。
これらのツールをダウンロードするには、Esri 製品サポート ページにてログインが必要です。
地理院地図対応ツール
ジオメトリ変換ツール ※更新
電子地形図25000 変換ツール
数値地図データ変換ツール
数値地図画像変換ツール
Zmap-AREAⅡ対応ツール
Zmap-TOWNⅡ 対応ツール
GEOSPACE CDS 対応ツール
・河川地図対応ツール(近日公開予定)

■関連リンク
ArcGISブログ記事:
DM データのチェック ツールの使い方
ArcGIS 10.3.1 をリリースしました