「 GIS全般 」一覧

授業で使える GIS とは?-高校での地理科目必修化に向けて-

学校で学ぶ地理というとどのようなイメージを持つでしょうか。

たとえば国名を覚えたり、気候区分を覚えたりと暗記科目であるという印象が強い方もいらっしゃるかと思います。今回は、ESRIジャパンが考える 授業でのGISの取り入れ方を紹介いたします。

続きを読む


GIS がオフィスソフトのようにいつでも使える環境へ – 横浜市保土ケ谷区の取り組み

2015 年度に自治体ソリューション ライセンスを導入した横浜市保土ケ谷区の事例を紹介します。横浜市保土ケ谷区では、職員が日常業務の中で GIS をオフィスツールにようにいつでも利用できる環境の実現に向けて、GIS 利用の環境整備と人材育成に取り組んでいます。また、区内所在の横浜国立大学などと連携し、GIS で区内の買い物店舗アクセス圏、交通機関のアクセス圏、高齢化率などの地図を作成し、地域や関係機関とのコミュニケーションにおけるメディア/ツールとしての活用にも取り組んでいます。

1

続きを読む


ArcGIS Earth 1.2 が米国でリリースされました!

無料の GIS ビューアー「ArcGIS Earth 1.2」が米国でリリースされました。
ArcGIS Earth 1.2 では、インポートしたテキスト ファイル(*.csv、*.txt)やマップに描画したエレメント(ポイント、ライン、ポリゴン)の KMZ(*.kmz)へのエクスポート機能が追加されました!

Image1

続きを読む


GIS の魅力がつまった『The ArcGIS Book』

The ArcGIS Book – 地理情報を活用するための 10 個の素晴らしいアイデア

01

米国 Esri では ArcGIS の基礎から活用までを紹介する『The ArcGIS Book』を公開しています。10 章で構成されるこのコンテンツでは、GIS を使ってより効果的に表現するための技術的なトレンドなどを紹介しています。GIS をこれから学びたい人から、GIS でもっと新しく効果的な表現や活用例を求めている人まで、GIS に関わるすべての方々にお役にたてる内容になっています。

 

続きを読む


基盤地図情報と数値地図(国土基本情報)の違いとは?

国土地理院から発行されている基盤地図情報と数値地図(国土基本情報)を活用されている方も多いと思いますが、それらデータの特徴と違いについてご紹介します。

ArcGIS for Desktop では、変換ツールを用意しており ArcToolbox からアクセスすることができます。

01_4

続きを読む


ArcMap に追加する「地理院タイルの WMTS メタデータ」を提供開始

国土地理院が地理院タイルの WMTS メタデータ提供実験を実施していますが、地理院タイル一覧に掲載されているレイヤーを ArcGIS for Desktop で参照するための WMTS メタデータを公開しました。

【重要なお知らせ】
※既存の「地理院地図対応ツール」は 2016 年 2 月以降更新を行っておりません。こちらの地理院タイルの WMTS メタデータをご利用ください。

1

続きを読む


かわらマッピングプロジェクト試行イベントの参加

3 月 21 日に「かわらマッピングプロジェクト」というイベントに参加しました。

本プロジェクトは、ESRIジャパンが会員であるクリエイティブ・シティ・コンソーシアムの取り組みの一環で、二子玉川エリアの河川空間の地理空間情報を収集・データベース化し、活用していくことを目的としています。

4_fieldwork_2

3_fieldwork_2


続きを読む


GIS 初心者のための「GIS基礎解説」サイト開設!

GIS を利用する上で必要な知識をトピックごとに解説する「GIS 基礎解説」サイトを開設しました。GIS や ArcGIS に関する基本的な用語から、GIS に関連する分野(地理学、地図学、リモートセンシングなど)やトレンドなど、さまざまなトピックについて画像を交えながらわかりやすく解説しています。

Gis_2

続きを読む


スマートフォン・タブレットで地図アプリを開発しよう ~おすすめの開発キット紹介~

ESRIジャパンが運営する「ArcGIS 開発者コミュニティ グループ」にて、iOS や Android 向けに地図アプリ開発を行いたい、とお考えの皆さまにおすすめの、ネイティブ地図アプリ開発キット「ArcGIS Runtime SDK for iOS」、「ArcGIS Runtime SDK for Android」をご紹介しています。
詳細は ArcGIS 開発者コミュニティの「スマートフォン・タブレットで地図アプリを開発しよう ~おすすめの開発キット紹介~」をご参照ください。

続きを読む


メンタルマップ GIS をベトナム農村住民の空間リテラシーの向上に向けて

近年目覚ましい経済発展を遂げるベトナム。若年層を中心にスマートフォンが普及し、地図アプリケーションが利用されています。一方で、ベトナムの農村は地域づくりにおいて地図や空間情報の活用が進んでいないといった課題がありました。ベトナム農村の住民による空間リテラシーの向上を目指して、日本とベトナムの大学との共同プロジェクトが立ち上がりました。

 

Vietnam_image1

 

続きを読む