「 ArcPy 」一覧

データ処理に役立つ Python コード例その 1 :Describe オブジェクトを使ってデータのプロパティにアクセスする方法

Python で ArcGIS の機能にアクセスすると効率的なデータ処理を実現できます。ArcGIS の API である ArcPy についてはこれまでにもいくつかのブログ記事でご紹介しましたが、本シリーズでは特にデータ処理に特化して ArcPy の機能についてご紹介いたします。まずは第 1 弾として、Describe オブジェクトについてご説明いたします。

 

Describe オブジェクトは、データ タイプやフィールド、インデックスなどデータのさまざまな情報にアクセスすることができます。以下のようなデータのプロパティにアクセスするイメージです。

image1

続きを読む


Python を使って ArcGIS での作業効率を上げよう!

この度、6 月 27 日に「ArcPy スタートアップ ガイド」を公開しました! ArcPy は、プログラム言語である Python を使用して、ArcGIS を操作するために Esri が開発した API です。 ArcPy を使用すると Python で ArcGIS のマップ作成やフィールド演算、ジオプロセシング ツールといった、ArcGIS 独自の機能が実行可能になります。

また、以下のように ArcGIS 上で地理データを操作する便利なプログラムを開発することができ、作業の効率化が図れます。
Python の条件分岐(if 文)や繰り返し(for 文)の構文を使用して、繰り返し作業を自動化できる
スクリプト ツールと呼ばれる独自のジオプロセシング ツールを作り、モデルへ組み込むことができる

このスタートアップ ガイドは、ArcGIS 10.2 for Desktop をお持ちの方を対象に、これから ArcPy を利用した開発を始めるためのドキュメントです。ArcPy の使用方法をチュートリアル形式でわかりやすく習得できるよう説明しています。

Image_01

続きを読む