SARscape がArcToolbox から利用できるようになりました!

「ENVI Tools for ArcGIS」のことはご存知ですか?

弊社は画像処理のための製品としてExelis VIS 社の ENVI を販売していますが、ENVI 4.8 より ENVI の機能の一部が ArcToolbox から利用できるようになっています。ENVI をインストールすると、「ENVI Tools」ツールボックスが ArcMap の ArcToolbox に追加されます。

ENVI Tools を利用することで、ENVI の機能を ArcMap で使えるようになるだけでなく、ModelBuilder で ArcGIS の機能と組み合わることも可能です。

1_2
そして、

ENVI のオプションモジュールである SARscape も 先日リリースされた Ver 4.4.001 より、ArcToolbox で利用できるようになりました!


SARscape モジュールは、合成開口レーダ(SAR)データの読み込み、処理、解析、出力を可能にする機能です。干渉(インターフェロメトリー)処理や DEM 抽出など高度な解析処理が可能です。

SARscape の機能は「SARscape Tools」ツールボックスとして追加され、SAR データのインポートツールやインターフェロメトリ処理のツールが提供されています。

2_2

ツールボックスは SARscape 4.4.001 をインストールすると自動的に SARscape Tools もインストールされます。

ArcToolbox に表示されない場合には、ArcToolbox ウィンドウ上で右クリックし、ツールボックスの追加をクリックします。
3_2

System Toolboxes の中に SARscape Tools.tbx があるので、選択し、[開く] をクリックします。
4_2

ArcToolbox 内で右クリックし、[設定の保存] → [デフォルトへ](または [ファイルへ])をクリックし、ArcToolbox の設定を保存します。

■関連リンク
ESRIジャパン製品ページ
ENVI

ブログ記事
書籍『実践! ENVI 講座 - ArcGIS ユーザのためのリモートセンシング画像処理入門-』販売中!!