新エネルギー開発企業による情報共有・情報活用・リスク軽減の取り組み

「情報共有」「情報活用」「リスク削減」は多くの企業で挙げられる課題ではないでしょうか。世界各地で風力発電や太陽光発電プラントの開発を手掛ける Mainstream Renewable Power 社も例外ではなく、パートナー企業との情報共有、新プラント開発計画から建設工事に至る過程で発生する様々なリスクの軽減、膨大な情報の活用に苦慮していました。

Image_2

Mainstream Renewable Power 社が直面していたこれらの課題は、GIS の導入による情報の見える化によって大幅に改善され、時間コストの 40% 削減を達成しています。さらに、GIS で未来の気象や海流の変化などを分析、予測することで、今後のプラント開発の効率化につなげる取り組みも始まっています。
続きは活用事例、「新エネルギー開発企業、GIS を活用したリスク軽減の取り組み」(Mainstream Renewable Power社)をご覧ください。