ArcGISブログ

インフルエンザの流行状況を分析

12 月に入り、季節もすっかり冬に移り変わるとともに、インフルエンザが流行する時期になりました。みなさま体調などは崩されていないでしょうか?

昨年の冬も各地でインフルエンザが流行しましたが、今回、今年 1 月から 5 月までの期間で神奈川県内の発生状況を地図化し、分析しました。

各市区町村から週報で公開されているインフルエンザ定点当たりの罹患者数をもとに時空間ホット スポット分析を行いました。

1 月 4 日~ 10 日の週から解析が始まり、ホット スポット(赤色)が見られるようになるのが 1 月 19 日から、そしてピークは 3 月 8 日の週で、コールド スポット(青色)となるのが 3 月 22 日からだと判明しました。地域によってもホット スポットの期間が短い場所と長い場所があり、流行の違いが見て取れますね。


月 19 日~ 1 月 25 日

 

月 8 日~ 3 月 14 日

 

月 22 日~ 3 月 28 日

 

今年も少しずつ流行の兆しがありますので、みなさま体調にはお気を付けてお過ごしください。

■関連リンク
ArcGIS Pro
ArcGIS Pro の利用を開始するには?(Esri 製品サポートページへのログインが必要です)
ArcGIS 10.3 for Desktop 新機能 – 時空間キューブとは(ArcGISブログ)
時空間の表現に最適な Space Time Cube Explorer アドインを提供(ArcGISブログ)