クラシック ロケーターのサポート終了について

現在、米国 Esri にてロケーター (ジオコーディングに使うためのデータ) の形式を、従来の形式から新しい形式へ変更を進めています。

  • 従来の形式のロケーター (クラシック ロケーター形式)
    ・ArcMap と ArcGIS Pro 両方で使用可能
  • 新しい形式のロケーター
    ・ArcGIS Pro で作成および使用可能だが、ArcMap では使用不可
    ・軽量、高速、高マッチ率

上記の動きに伴い、ESRIジャパンから提供している住所製品 (クラシック ロケーター形式で提供) である以下 2 製品については、

スターターパック 街区レベル住所 (2011 年版 ~ 2021 年版)
ArcGIS Geo Suite 住居レベル住所 (2011 年版 ~ 2021 年版)

以下が最後のサポートバージョンとなります。

・ArcGIS Pro 2.6 (2020 年夏~秋リリース予定)
・ArcGIS Enterprise 10.8.1 (2020 年夏~秋リリース予定)
・ArcGIS Runtime 100.8 (2020 年 6 月リリース)

また、ユーザー様が独自に作成したクラシック ロケーターも同様です。

今後について

以下のバージョンでは、ArcGIS Pro 2.3 以降で作成できる新しい形式のロケーターのみの対応となります。

・ArcGIS Pro 2.7 以降
・ArcGIS Enterprise 10.8.1 の次製品以降
・ArcGIS Runtime 100.9 以降

ただし、新しい形式のロケーターは 2020 年 8 月時点で日本の住所に未対応です。

日本の住所の対応は 2021 年以降となる見込みです。新しい形式のロケーターで提供する住所製品の提供時期も 2021 年以降となる見込みです。

本件への対策

スターターパック 街区レベル住所、ArcGIS Geo Suite 住居レベル住所、ユーザー様自身で作成されたロケーターをお使いのお客様は、 以下のバージョンへアップデートしないようお願いします。

・ArcGIS Pro 2.7 以降
・ArcGIS Enterprise 10.8.1 の次製品以降
・ArcGIS Runtime 100.9 以降

なお、ArcGIS Online World Geocoding Service は、どのバージョンでも引き続きご利用いただけますので、ご利用ください。

※ 2020年8月31日更新: 8月にリリースされた ArcGIS Runtime 100.9 がクラシックロケーターをサポートする最後のバージョンとなるように変更されました

■関連リンク

ESRIジャパン Web サイト:
スターターパック 街区レベル住所
ArcGIS Geo Suite 住居レベル住所

米国 Esri 社 Web サイト:
ロケーターの概要