ArcGIS Survey123 2020 年 12 月アップデートの新機能情報

調査票形式の現地調査アプリである ArcGIS Survey123 Web アプリが 2020 年 12 月にアップデートされました。実装された多数の新機能の中から、主な新機能を本ブログでご紹介します。

 

調査票の所有者の変更

調査ギャラリーで調査票や関連するフィーチャ レイヤー等の所有者を一括で変更できるようになりました。

調査票の所有者の変更

カスタム ランキング スコア

ランキングの質問で各順位のスコアに対して重み付けできるようになりました。重み付けをすることによって、平均点の計算方法をコントロールすることができます。

カスタム ランキング スコア

数値の回答のクラス分け

数値の回答結果を [等間隔分類]、[自然分類 (Jenks)]、[等量分類]、[標準偏差]、[手動間隔] から選択してクラス分けできるようになりました。

数値の回答のクラス分け

 

調査票のタイトルやフッターをカスタマイズ

Survey123 Connect を使用して、タイトルやフッターなどをカスタマイズできるようになり、Web の調査票でもカスタマイズが適用されるようになりました。また、多言語の調査票を作成した場合、これらを複数言語で表示させることができるようになりました。

調査票のタイトルやフッターをカスタマイズ

既存の調査結果をコピーする URL パラメーターに対応

URL パラメーター “mode=copy” に対応し、コピーしたいレコードの GlobalID をURL リンクに入れておくことで、リンクを開いたときに Web 上で既存の調査結果をコピーして編集できるようになりました。

既存の調査結果をコピーする URL パラメーターに対応

その他の新機能につきましては、ヘルプをご覧ください。

ぜひ最新の Survey123 のアプリにアップデートして、たくさんの新しい機能を使ってみてください!

■関連リンク
ArcGIS Online 製品ページ
ArcGIS Survey123

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする