「 ツール 」一覧

みんな使っている人気ツールをご紹介!(2016年下半期版)- 後編

2016 年の 7 月から 12 月にかけて、ESRIジャパンの Q&A サポートにいただいたご質問の中から、話題に上がることの多かった ArcMap、ArcGIS Proジオプロセシング ツールをランキング形式でご紹介する記事の後編です。

前編の記事では 10 位から 6 位までをご紹介しましたが、メジャーなツールばかりがランクインするというわけではなく、複数のツールを組み合わせて使用するものや、比較的最近に追加されたツールがランクインするなど、意外と知らないツールも多かったかもしれません。後編の今回は 5 位から 1 位をご紹介します!

続きを読む


みんな使っている人気ツールをご紹介!(2016年下半期版)- 前編

ESRIジャパンが提供するソフトウェア保守サービスをご契約いただいているお客様は、サポートサイトから Q&A サポートをご利用いただくことができます。この Q&A サポートですが、実は 1 年間で数千件ものお問い合わせをいただいております。ご利用いただいている方からはどのようなお問い合わせが多いのでしょうか?

Q&A サポートにいただいたお問い合わせをそのままご紹介することはできませんので、ArcGIS の重要な機能であるジオプロセシング ツールに注目し、2016 年の 7 月から 12 月にかけて、どのようなツールのご質問があったか、どのようなツールをサポートスタッフがご案内したかを集計してみました!

ランキング形式で 10 のツールをご紹介したいと思います。前編である今回は 10 位から 6 位までの発表です。ArcMap、ArcGIS Pro のどちらからでもお使いいただけるツールばかりですので、気になるものがあればぜひお試しください。

では、早速 10 位から見ていきましょう!

 

続きを読む


Drone2Map for ArcGIS 1.1 をリリースしました!

Drone2Map for ArcGIS

Drone2Map for ArcGIS は、位置情報をもつ画像から GIS データを生成することができるソフトウェアです。今回のバージョンアップによって、標準で作成できるオルソモザイクと数値表層モデル(DSM)に加えて、数値地形モデル(DTM)等高線が作成できるようになりました。その他にも新しい機能や機能拡張がありましたのでその一部をご紹介します。

 

続きを読む


Happy Valentine’s Day!!ハート形の世界地図

ArcGIS では様々な投影法で地図を作成することができます。

今回はバレンタイン デーにちなみ、ボンヌ図法で作成した世界地図をご紹介します。

<画像をクリックするとマップを閲覧できます。>

1

続きを読む


気象データ変換ツール 10.4/10.4.1 対応版をリリース

先日の ArcGISブログ(台風時の等圧線を 3Dで表現してみました!)でご紹介している「気象データ変換ツール」の 10.4 / 10.4.1 対応版をリリースしました。今回の対応バージョンから変換対応データに降水ナウキャスト(5 分)を加えるとともに、出力形式として CSV ファイルも指定できるように(GSM と MSM は対象外)機能を追加しております。

meteorologicalconverter_ver1-4-0img

続きを読む


作業効率を向上!ArcGIS Pro のタスク機能

ArcGIS for Desktop に付属する ArcGIS Pro の「タスク」をご存知ですか?

タスクでは、アプリケーション操作や作業手順をフロー化したファイルを作成することができ、作成したファイルを共有することで、誰でも簡単に高度な作業を再現することができます。

1

こんな場合にご活用いただけます。

GIS 初心者が GIS 業務を担うことになった

前任者から教わった手順を書き留めたが、処理が複雑で、実際に作業しているとわからなくなってしまった

長年の GIS 担当者が別の部署に異動することになった

業務フローが文書化されていない、または担当者のみが作業方法を知っており、組織に情報が蓄積されていない

続きを読む


太陽光発電設備を地図上に表示してみよう!

ArcGIS for Desktop の国内対応パックをインストールすると、「公共測量(DM)標準図式」スタイルがインストールされます。

ArcGIS 10.4 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて」でもご紹介しましたが、ArcGIS 10.4 for Desktop からこの「公共測量(DM)標準図式」に新たに「太陽光発電設備」が追加されました。

これは平成 28 年 3 月 31 日に測量法第 34 条の規定に基づく作業規程の準則が一部改正されたことを反映しています。(平成 28 年 3 月 31 日の「作業規程の準則」の一部改正について(平成 28 年国土交通省告示第 565 号)。

 

ArcToolbox の [DM → ジオデータベース] ツールで DM(ディジタルマッピング)データを変換する際にレイヤー ファイルを生成するオプションを有効化すると、この太陽光発電設備が自動的に適用されたレイヤー ファイルが生成されます。

今回は、手動でポイント データに「太陽光発電設備」シンボルを割り当てる方法をご紹介します。

1 2
図:公共測量(DM)標準図式に追加された太陽光発電設備のシンボル

続きを読む


河川地図データ対応ツールがリニューアルしました!

国土交通省河川局が策定したガイドラインに基づいた河川基盤地図、河川・ダム環境情報地図のインポート/エクスポートやデータの作成/編集を行うためのツールである、河川地図データ対応ツール Ver.10.4.0ArcGIS 10.4 for Desktop 対応)をリリースしました。機能が大幅に更新され、従来よりも操作性に優れています。

河川地図データ対応ツール(要サポートログイン)

以下に主な新機能をご紹介します。

過年度データ(シェープファイル形式)の読み込み
河川水辺のシステムで提供される過年度データのシェープファイルをツール内でインポートすることが可能になりました。
インポートしたデータはこれまでと同様、ジオデータベース形式に格納され、編集することが可能です。

01

※ ガイドラインに準拠したフォーマット以外のシェープファイルは読み込めません
※ [新規作成] で作成したジオデータベース内にインポートします

続きを読む


ArcGIS 10.4 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて

先日リリースされた ArcGIS 10.4 for Desktop の国内データ変換ツールについてご紹介します。国内データ変換ツールは、1)ArcToolbox に追加してジオプロセシング ツールとして利用できるものと(国内対応パックをインストールすることで追加されます)、2)アドインとしてダウンロードして利用できるものがあります。

1)国内対応パック *

国内対応パックには、日本国内でよく使われているデータ形式を ArcGIS で利用するために変換するツールが含まれています。国内対応パックをインストールすると、ArcToolbox に [変換ツール(国内データ)] ツールセットが追加され、ジオプロセシング ツールとして利用することができます。
* 国内対応パックは、Esri 製品サポート サイトの ArcGIS 10.4 for Desktop のダウンロード ページで提供しています(要ログイン)。

Arctoolbox
ArcToolbox に追加された [変換ツール (国内データ) ] ツールセット

続きを読む


ArcMap での業務効率化!?サポートスタッフの教える簡単カスタマイズ ②

前回記事(ArcMap での業務効率化!?サポートスタッフの教える簡単カスタマイズ ①)に引き続き、誰でも簡単にできる ArcMap(ArcGIS for Desktop)のカスタマイズ方法をご紹介します。
今回の記事では、ArcMap の人気の機能のひとつ、図郭ごとに地図を切り出せる「データ ドリブン ページ」を例に、ツールバーをカスタマイズしていきます。

0_1

続きを読む