「 ロケーション アナリティクス 」一覧

商圏分析・エリアマーケティング特化型 GIS ソフト「Esri Business Analyst Desktop 10.5」をリリースしました!

ArcGIS Desktop 10.5 をベースとした商圏分析・エリアマーケティング ソリューションの最新版 Esri Business Analyst Desktop 10.5(以下 Business Analyst)を、5 月 29 日にリリースしました。

続きを読む


推計年収別世帯数や推計貯蓄別世帯数のレポートを作成できる!ArcGIS Stat Suite 用のレポート テンプレートを公開しました

Esri Business Analyst for Desktop(以下 Business Analyst)で使用できる、ArcGIS Stat Suite 用のレポート テンプレートを公開しました。なお、これらのレポート テンプレートは、Business Analyst の保守が有効であるお客様がご利用可能となっております。

StatSuite用レポートテンプレート

続きを読む



Esri Business Analyst 2017 年版データをリリースしました

12 月 16 日に、Esri Business Analyst for Desktop(以下 Business Analyst)上でご利用いただける Esri Business Analyst 2017 年版データをリリースしました。保守契約が有効である Business Analyst ご利用ユーザー様には、最新の 2017 年版データを順次お届けいたします。

%e5%9b%b31

続きを読む




商圏分析・エリアマーケティング特化型 GIS ソフト「Esri Business Analyst 10.4.1 for Desktop」をリリースしました!

ArcGIS 10.4.1 for Desktop をベースとした商圏分析・エリアマーケティング ソリューションの最新版 Esri Business Analyst 10.4.1 for Desktop (以下 Business Analyst) を、9 月 6 日にリリースしました。

 

今回のバージョンアップでは、バージョン 10.4 の不具合修正が行われています。不具合修正につきましては、サポートサイトに載せております  Esri Business Analyst 10.4.1 for Desktop 修正リストをご覧ください。

※ログインID、パスワードが必要です。

また、バージョン 10.4 で新たに搭載された「複数商圏比較レポート」で処理可能な商圏数の上限が 256 個から 1000 個に拡張されました。これにより、一つのレポートでより多くの店舗の特性を把握することが可能となりました。

image1.png

続きを読む


Esri Maps for IBM Cognos 6.1 リリース

IBM 社のビジネス・インテリジェンス『IBM Cognos Business(以下 IBM Cognos)』と連動する Esri Maps for IBM Cognos の最新バージョン 6.1 を 4 月 28 日にリリースしました。
本バージョンアップには、以下の内容が含まれております。

■ユーザー インターフェイスの更新

1_61map_ui_upd

 

続きを読む


ArcGIS Maps for Office バージョン 4.0 をリリース

Microsoft Office のアドインとして Excel / PowerPoint 上でマップを利用することができる ArcGIS Maps for Office バージョン 4.0 の国内サポートを 3 月 25 日より開始しました。

製品名が、バージョン 4.0 より「Esri Maps for Office」から「ArcGIS Maps for Office」 へ変更されました。

Pic_1

※ご利用いただくには、ArcGIS Online または Portal for ArcGIS の指定ユーザー アカウントが必要です。

 

続きを読む


IoT で未来の車はこう変わる

ここ数年、Internet of Things(IoT)に関する話題をよく耳にします。スマートウォッチやスマート家電など、センサー技術や IT を活用したスマート テクノロジーは、年々私たちにとって身近なものとなってきています。特に最近話題になっているのが、自動運転や運転・安全性をサポートする技術をはじめとするスマート テクノロジーを搭載したコネクテッド カーやスマート ビークル、スマート モビリティです。今回ご紹介する記事では、IoT に欠かせないロケーション アナリティクスとスマート テクノロジーを活用することで、車の運転が今後どのように変わっていくのかを、ドライブ旅行を例に紹介します。

Image

カリフォルニア州沿岸を走行した車のテレマティクス情報
色の違いで速度を表現(赤が最も速い)

続きを読む