「 ArcGIS全般 」一覧

読んで分かる!見て楽しい!「The ArcGIS Imagery Book(日本語版)」で画像やリモート センシングを学ぼう!

GIS と画像、リモート センシング、3D、ビッグデータなど、画像に関する ArcGIS の重要なトピックや最新情報を広く学ぶことができる「The ArcGIS Imagery Book(日本語版)」が公開されました。
画像処理や衛星画像の視覚化、効果的な解析方法、技術的な解説、GIS と画像の未来など、GIS での画像解析をこれから学びたいと考えている方から、さらに高度な技術を会得しようと考えている方まで、幅広く楽しめる内容です。
各章には、データを実際に見て触って学習することができるように Learn ArcGIS の各レッスンのリンクや、Web マップのリンクが掲載されていますので、よりスムーズに学ぶことができます。日本語版は Web 版と PDF 版が提供されており、PDF 版は Web ページからダウンロードできます(約120 MB)。

画像解析やリモート センシングに興味のある方はぜひご覧ください。多くの美しい衛星画像や写真をみているだけでも楽しめると思いますよ~。

各章の簡単な内容を紹介します。

続きを読む


知っていると便利な ArcGIS Earth のキーボード・マウス操作とショートカット

ArcGIS Earth は、3D 対応のフリービューアーです。これまでの記事では主に各バージョンの新機能について紹介してきましたが、今回はより ArcGIS Earth を便利にご利用いただけるように、キーボードとマウスでのナビゲーション(操作)と、キーボード ショートカットをご紹介します。

ArcGIS Earth に表示した産業総合技術研究所の 20 万分の 1 日本シームレス地質図 WMS

ArcGIS Earth に表示した産業総合技術研究所の 20 万分の 1 日本シームレス地質図 WMS

続きを読む


こんなときには、この背景地図!

「ArcGIS ですぐに使える背景地図を探しているけど、どの背景地図が自分の用途に最適なのかわからない!」とお悩みの方もいらっしゃると思います。そんな方のために、ユーザーの皆さまからよくいただく質問をもとに、お目当ての背景地図を簡単に探し出す図をまとめました!

続きを読む


3D 対応フリー ビューアー ArcGIS Earth が 1.4 にバージョンアップ!フォントの設定が可能になりました!

無料の GIS ビューアー「ArcGIS Earth」が 1.4 にバージョンアップしました!

今回のバージョンアップでは、特に Portal for ArcGIS との接続・設定に関する機能が強化されています。また、設定ファイル(*.xml)による各種設定の変更も可能になりました。

本ブログでは、設定ファイルを変更して日本語フォントを利用できるようにする手順をご紹介します。これにより、[Draw] ツールでエレメント名に日本語を使用することができるようになりました。

続きを読む


データ処理に役立つ Python コード例その 1 :Describe オブジェクトを使ってデータのプロパティにアクセスする方法

Python で ArcGIS の機能にアクセスすると効率的なデータ処理を実現できます。ArcGIS の API である ArcPy についてはこれまでにもいくつかのブログ記事でご紹介しましたが、本シリーズでは特にデータ処理に特化して ArcPy の機能についてご紹介いたします。まずは第 1 弾として、Describe オブジェクトについてご説明いたします。

 

Describe オブジェクトは、データ タイプやフィールド、インデックスなどデータのさまざまな情報にアクセスすることができます。以下のようなデータのプロパティにアクセスするイメージです。

image1

続きを読む


授業で使える GIS とは?-高校での地理科目必修化に向けて-

学校で学ぶ地理というとどのようなイメージを持つでしょうか。

たとえば国名を覚えたり、気候区分を覚えたりと暗記科目であるという印象が強い方もいらっしゃるかと思います。今回は、ESRIジャパンが考える 授業でのGISの取り入れ方を紹介いたします。

続きを読む


業務に役立つ Tips が満載「もっと使おう!ArcGIS セミナー」

ArcGIS を現在お使いのお客様向けに、ArcGIS 製品を使う上での Tips や製品の最新情報、導入ユーザー様による活用事例の発表を仙台、東京、新潟、京都、広島、高松、鹿児島、那覇の各都市で今年も開催します。

image1

※バナーをクリックするとセミナー詳細ページが開きます

続きを読む


ArcGIS 10.4.1 をリリースしました

9 月 6 日、ArcGIS の最新バージョン「ArcGIS 10.4.1」(対象製品:ArcGIS for Desktop, ArcGIS for Server, ArcGIS Engine)をリリースしました。
今回のバージョンアップでは大きな変更はありませんが、各種の不具合が修正されて更に品質が向上しています。

また、ポイント データの地図表現に適用できる「標準案内用図記号」のスタイル シンボルに、新たに 26 個の図記号(洪水、津波、災害、優先設備、観光などに関連する図記号)が追加されました。

標準案内用図記号
ArcGIS 10.4.1 で新たに追加されたシンボル

続きを読む


GIS がオフィスソフトのようにいつでも使える環境へ – 横浜市保土ケ谷区の取り組み

2015 年度に自治体ソリューション ライセンスを導入した横浜市保土ケ谷区の事例を紹介します。横浜市保土ケ谷区では、職員が日常業務の中で GIS をオフィスツールにようにいつでも利用できる環境の実現に向けて、GIS 利用の環境整備と人材育成に取り組んでいます。また、区内所在の横浜国立大学などと連携し、GIS で区内の買い物店舗アクセス圏、交通機関のアクセス圏、高齢化率などの地図を作成し、地域や関係機関とのコミュニケーションにおけるメディア/ツールとしての活用にも取り組んでいます。

1

続きを読む


ArcGIS 10.4 をリリースしました!

6 月 23 日、ArcGIS の最新バージョン「ArcGIS 10.4」(対象製品:ArcGIS for Desktop, ArcGIS Engine, ArcGIS for Server)をリリースしました。ArcGIS for Desktop に付属するアプリケーション ArcGIS Pro の最新バージョン「ArcGIS Pro 1.2」も同時リリースしています。

Arcgis104

ArcGIS 10.4(および ArcGIS Pro 1.2)では、さまざまな機能が強化されていますが、以下でその一部を紹介します。

続きを読む