「 エクステンション 」一覧

Drone2Map for ArcGIS 1.1 をリリースしました!

Drone2Map for ArcGIS

Drone2Map for ArcGIS は、位置情報をもつ画像から GIS データを生成することができるソフトウェアです。今回のバージョンアップによって、標準で作成できるオルソモザイクと数値表層モデル(DSM)に加えて、数値地形モデル(DTM)等高線が作成できるようになりました。その他にも新しい機能や機能拡張がありましたのでその一部をご紹介します。

 

続きを読む


ArcGIS Pro で ArcGIS Online ネットワーク サービスを使用したネットワーク解析ができます!

ArcGIS for Desktop のアプリケーションである ArcGIS Pro では ArcGIS Online のネットワーク サービスを使用したネットワーク解析を行うことができます。

1

※本記事では、ArcGIS Pro バージョン 1.3 を使用した内容をご紹介しています。

続きを読む


ArcGIS Geo Suite 道路網のちょっと便利な活用法

昨年 11 月にリリースした『ESRIジャパン データコンテンツ ArcGIS Geo Suite 道路網 2017』(以下、道路網)は、ArcGIS Network Analyst エクステンションでの各種ネットワーク解析にご利用いただける全国道路ネットワーク データセットです。交差点における右左折禁止や一方通行などの交通規制情報を格納しており、通行所要時間・階層構造・道案内機能も設定済みであるため、すぐに解析にご利用いただけます。普段はあまりご紹介する機会がありませんが、道路網では、このような主要機能以外にもユーザーの使いやすさを向上するための細かい設定が多く盛り込まれています。そこで、今回はこの細かい設定に着目し、道路網をちょっと便利に活用する方法を 2 つご紹介します。

続きを読む


OpenStreetMap を使用してネットワーク解析をしてみよう

OpenStreetMap は OSM 財団などが運営するプロジェクトで、誰でも使用できる道路地図などの地理情報データを提供しています。今回は、OpenStreetMap(OSM)に対応した ArcGIS Editor for OpenStreetMap を使用して、ArcGIS for DesktopArcGIS Network Analyst エクステンションのネットワーク解析で使用できるネットワーク データセットを作成する方法をご紹介します。

1

続きを読む




ArcGIS Spatial Analyst 機能紹介マップを公開しました!

sa_fmap
※画像をクリックするとマップが開きます

 

ArcGIS for DesktopArcGIS EngineArcGIS for ServerArcGIS Runtime のエクステンションの 1 つである ArcGIS Spatial Analyst は、ラスター データをベースにした高度な空間解析ツールを豊富に提供していますが、「機能は多いけど、使い慣れたツール以外はあまり使ったことがない・・。」「専門用語ばかりで理解しにくい・・。」「購入を検討しているけど、どんなツールが揃っているのか良く分からない・・。」など、ちょっと敷居が高い部分もあります。

そこで、実際のデータを確認しながら ArcGIS Spatial Analyst の解析ツールをご覧いただけるように、ブラウザーで閲覧できる機能紹介マップを作成しました。タブやレイヤーを切り替えて、ツールの機能や処理結果を確認することができます。

ラスター データを利用した空間解析のイメージつくりにぜひご活用ください。

続きを読む


3D Analyst エクステンションと ArcGIS Pro の機能比較

これまで ArcGIS for Desktop で 3 次元データを可視化、表現するためには ArcGIS 3D Analyst エクステンションに付属するアプリケーション(ArcScene、ArcGlobe)を利用する必要がありました。
ArcGIS 10.3 for Desktop から登場したアプリケーション「ArcGIS Pro」では、エクステンションが無くても 3 次元データの可視化が可能です。

データの 3D 表現
データの属性値を使用した立ち上げや注記表現、3D シンボルの適用と時間や値の推移をアニメーションで表現することが可能です。

01

続きを読む


ArcGIS Data Reviewer エクステンションを使ったデータの品質管理 ~修正・確認編~

ArcGIS for Desktop のエクステンション製品である ArcGIS Data Reviewer は、GIS データの品質管理に特化したエクステンション製品です。以下の 3 つのステップに沿って品質管理をサポートします。

1. 「レビュー」- エラーの発見

2. 「修正」- 発見したエラーの修正

3. 「確認」- 正しく修正されているか確認

すべてのステータスにおいて、誰がいつ何を行ったのかをレビューアー ワークスペースに記録することができます。 以前の記事「ArcGIS Data Reviewer エクステンションを使ったデータの品質管理 ~レビュー編 」では「レビュー」機能をご紹介しましたが、今回は、データの品質を向上させるために重要なエラーを「修正」し、その修正を「確認」を行い、結果をレポートする機能についてご紹介いたします。

1_3

 

 

続きを読む


第12回 GISコミュニティフォーラムにて、GIS データのヘルス チェックを行います!

皆さんが普段お使いの GIS データや、ご自身で作成した GIS データについて、ヘルス チェックを行ってみませんか?
GIS データの品質が良くないと、データの作成し直しによるコスト増や不適切な解析結果などを引き起こします。また、ISO 19157(データ品質)においても、地理情報が満たすべきデータ品質の項目が掲げられています。
ArcGIS for Desktop のエクステンションである ArcGIS Data Reviewer は、GIS データの品質管理を専門とした製品です。今年の GISコミュニティフォーラムでは、この ArcGIS Data Reviewer を使用した GIS データのヘルス チェックを行います。 

Image 

続きを読む