「 ArcGIS 10.4 」一覧

時空間の表現に最適な Space Time Cube Explorer アドインを提供

ArcGIS Pro 1.3 用のアドインとして米国 Esri 社が作成した「Space Time Cube Explorer Add-in」がArcGIS Online から提供されています。

最新版(2016 年 10 月 13 日更新)では、言語パックが適用された環境に対応し、ArcGIS Pro の日本語環境でも使用できるようになりました。

Space Time Cube Explorer アドインは [時空間パターン マイニング] ツールボックスで作成した時空間キューブの探索を強化します。

アドインは次のサイトからダウンロードすることができます。
http://www.esriurl.com/SpaceTimeCubeExplorer

2

続きを読む


気象データ変換ツール 10.4/10.4.1 対応版をリリース

先日の ArcGISブログ(台風時の等圧線を 3Dで表現してみました!)でご紹介している「気象データ変換ツール」の 10.4 / 10.4.1 対応版をリリースしました。今回の対応バージョンから変換対応データに降水ナウキャスト(5 分)を加えるとともに、出力形式として CSV ファイルも指定できるように(GSM と MSM は対象外)機能を追加しております。

meteorologicalconverter_ver1-4-0img

続きを読む


ArcGIS Pro SDK for .NET スタートアップ ガイドを公開しました

ArcGIS for Desktop に付属するアプリケーションとして ArcMap と ArcGIS Pro があります。ArcMap では ArcObjects という API を使用し開発を行えますが、ArcGIS Pro では ArcGIS Pro SDK for .NET を使用して開発が行えるのをみなさんはご存知でしょうか?

ArcGIS Pro SDK for .NET は、Microsoft .NET Framework を使用し、ArcGIS Pro の拡張アドイン開発をするためのソフトウェア開発キット(Software Development Kit)で、ArcGIS Pro をお持ちの方であればどなたでもすぐに無償で利用することができます。SDK をインストールすると、開発環境である Visual Studio に、アドインを開発するためのテンプレートや拡張機能が追加されます。

ArcGIS Pro 1.2/1.3 および ArcGIS Pro SDK for .NET をお持ちの方を対象に、これから ArcGIS Pro のアドイン開発を始めるためのドキュメントとして、ArcGIS Pro SDK for .NET スタートアップ ガイドを先日公開いたしました。
20161025_image1 続きを読む


太陽光発電設備を地図上に表示してみよう!

ArcGIS for Desktop の国内対応パックをインストールすると、「公共測量(DM)標準図式」スタイルがインストールされます。

ArcGIS 10.4 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて」でもご紹介しましたが、ArcGIS 10.4 for Desktop からこの「公共測量(DM)標準図式」に新たに「太陽光発電設備」が追加されました。

これは平成 28 年 3 月 31 日に測量法第 34 条の規定に基づく作業規程の準則が一部改正されたことを反映しています。(平成 28 年 3 月 31 日の「作業規程の準則」の一部改正について(平成 28 年国土交通省告示第 565 号)。

 

ArcToolbox の [DM → ジオデータベース] ツールで DM(ディジタルマッピング)データを変換する際にレイヤー ファイルを生成するオプションを有効化すると、この太陽光発電設備が自動的に適用されたレイヤー ファイルが生成されます。

今回は、手動でポイント データに「太陽光発電設備」シンボルを割り当てる方法をご紹介します。

1 2
図:公共測量(DM)標準図式に追加された太陽光発電設備のシンボル

続きを読む


ArcGIS 10.4.1 をリリースしました

9 月 6 日、ArcGIS の最新バージョン「ArcGIS 10.4.1」(対象製品:ArcGIS for Desktop, ArcGIS for Server, ArcGIS Engine)をリリースしました。
今回のバージョンアップでは大きな変更はありませんが、各種の不具合が修正されて更に品質が向上しています。

また、ポイント データの地図表現に適用できる「標準案内用図記号」のスタイル シンボルに、新たに 26 個の図記号(洪水、津波、災害、優先設備、観光などに関連する図記号)が追加されました。

標準案内用図記号
ArcGIS 10.4.1 で新たに追加されたシンボル

続きを読む


河川地図データ対応ツールがリニューアルしました!

国土交通省河川局が策定したガイドラインに基づいた河川基盤地図、河川・ダム環境情報地図のインポート/エクスポートやデータの作成/編集を行うためのツールである、河川地図データ対応ツール Ver.10.4.0ArcGIS 10.4 for Desktop 対応)をリリースしました。機能が大幅に更新され、従来よりも操作性に優れています。

河川地図データ対応ツール(要サポートログイン)

以下に主な新機能をご紹介します。

過年度データ(シェープファイル形式)の読み込み
河川水辺のシステムで提供される過年度データのシェープファイルをツール内でインポートすることが可能になりました。
インポートしたデータはこれまでと同様、ジオデータベース形式に格納され、編集することが可能です。

01

※ ガイドラインに準拠したフォーマット以外のシェープファイルは読み込めません
※ [新規作成] で作成したジオデータベース内にインポートします

続きを読む


外国人向け地図記号が使えるようになりました!

皆さんは ”外国人向け地図記号” というものをご存知でしょうか。今年の 3 月末に、国土地理院より外国人にわかりやすい地図を作成するための標準として、「地図に記載する地名等の英語表記ルールおよび外国人向け地図記号」が決定されました。ここで公開されたものが、“外国人向け地図記号“ です。 具体的には以下の図で示している 15 の地図記号のことを指します。それぞれ、何を示す地図記号か分かりますか?

1_4


答えは国土地理院の Web ページ「外国人にわかりやすい地図作成の取り組み」をご確認ください。

外国人向け地図記号の公開に伴い、先日リリースした ArcGIS 10.4ArcGIS Pro 1.2 では外国人向け地図記号のスタイル ファイルを追加しました。

 

続きを読む


ArcGIS 10.4 for Desktop 対応の国内データ変換ツールについて

先日リリースされた ArcGIS 10.4 for Desktop の国内データ変換ツールについてご紹介します。国内データ変換ツールは、1)ArcToolbox に追加してジオプロセシング ツールとして利用できるものと(国内対応パックをインストールすることで追加されます)、2)アドインとしてダウンロードして利用できるものがあります。

1)国内対応パック *

国内対応パックには、日本国内でよく使われているデータ形式を ArcGIS で利用するために変換するツールが含まれています。国内対応パックをインストールすると、ArcToolbox に [変換ツール(国内データ)] ツールセットが追加され、ジオプロセシング ツールとして利用することができます。
* 国内対応パックは、Esri 製品サポート サイトの ArcGIS 10.4 for Desktop のダウンロード ページで提供しています(要ログイン)。

Arctoolbox
ArcToolbox に追加された [変換ツール (国内データ) ] ツールセット

続きを読む


Esri Business Analyst 10.4 for Desktop をリリースしました!

先日 6 月 23 日にリリースされた ArcGIS 10.4 for Desktop をベースとした商圏分析・エリアマーケティング ソリューションの最新版 Esri Business Analyst 10.4 for Desktop (以下 Business Analyst)を、 同日 23 日にリリースしました。

1

最新バージョン 10.4 では、商圏レポート機能の強化および分析ツールの追加が行われました。また、同時に 2016 年版データもリリースしました。

続きを読む


ArcGIS 10.4 をリリースしました!

6 月 23 日、ArcGIS の最新バージョン「ArcGIS 10.4」(対象製品:ArcGIS for Desktop, ArcGIS Engine, ArcGIS for Server)をリリースしました。ArcGIS for Desktop に付属するアプリケーション ArcGIS Pro の最新バージョン「ArcGIS Pro 1.2」も同時リリースしています。

Arcgis104

ArcGIS 10.4(および ArcGIS Pro 1.2)では、さまざまな機能が強化されていますが、以下でその一部を紹介します。

続きを読む