「 Esri Business Analyst 」一覧

推計年収別世帯数や推計貯蓄別世帯数のレポートを作成できる!ArcGIS Stat Suite 用のレポート テンプレートを公開しました

Esri Business Analyst for Desktop(以下 Business Analyst)で使用できる、ArcGIS Stat Suite 用のレポート テンプレートを公開しました。なお、これらのレポート テンプレートは、Business Analyst の保守が有効であるお客様がご利用可能となっております。

StatSuite用レポートテンプレート

続きを読む


Esri Business Analyst 2017 年版データをリリースしました

12 月 16 日に、Esri Business Analyst for Desktop(以下 Business Analyst)上でご利用いただける Esri Business Analyst 2017 年版データをリリースしました。保守契約が有効である Business Analyst ご利用ユーザー様には、最新の 2017 年版データを順次お届けいたします。

%e5%9b%b31

続きを読む


商圏分析・エリアマーケティング特化型 GIS ソフト「Esri Business Analyst 10.4.1 for Desktop」をリリースしました!

ArcGIS 10.4.1 for Desktop をベースとした商圏分析・エリアマーケティング ソリューションの最新版 Esri Business Analyst 10.4.1 for Desktop (以下 Business Analyst) を、9 月 6 日にリリースしました。

 

今回のバージョンアップでは、バージョン 10.4 の不具合修正が行われています。不具合修正につきましては、サポートサイトに載せております  Esri Business Analyst 10.4.1 for Desktop 修正リストをご覧ください。

※ログインID、パスワードが必要です。

また、バージョン 10.4 で新たに搭載された「複数商圏比較レポート」で処理可能な商圏数の上限が 256 個から 1000 個に拡張されました。これにより、一つのレポートでより多くの店舗の特性を把握することが可能となりました。

image1.png

続きを読む


Esri Business Analyst 10.4 for Desktop をリリースしました!

先日 6 月 23 日にリリースされた ArcGIS 10.4 for Desktop をベースとした商圏分析・エリアマーケティング ソリューションの最新版 Esri Business Analyst 10.4 for Desktop (以下 Business Analyst)を、 同日 23 日にリリースしました。

1

最新バージョン 10.4 では、商圏レポート機能の強化および分析ツールの追加が行われました。また、同時に 2016 年版データもリリースしました。

続きを読む


社会医療法人愛仁会:BI と GIS の連携で情報の見える化・意思決定の迅速化を実現

愛仁会は、高度急性期病院から慢性期医療、在宅ケア、介護・福祉、医療・介護職種の養成と多岐にわたる事業を展開している社会医療法人です。激変する医療業界と経営サイドのニーズに対応するため、BI と GIS を連携した医療マーケティング手法を導入。多様な情報が見える化されることで、今まで見えてこなかった課題を浮き彫りにし、新たなアクションへと繋げています。

Image1_2

続きを読む


商圏分析・エリアマーケティング特化型 GIS 「Esri Business Analyst 10.3」をリリース!

最新 GIS に最新データを搭載した「Esri Business Analyst 10.3 for Desktop」をリリースしました。今回のバージョンアップでは、道路ネットワークの大幅なアップデートに加え、標準搭載データの更新や ArcGIS Online との連携強化などが行われています。ここでは、新バージョンの主な変更点をご紹介します。

道路ネットワークデータを大幅に更新しました
道路ネットワークに使用するデータソースを見直し、より新しく、より詳細な道路データをもとにした道路ネットワークに大幅に更新しました。また、速度設定も道路交通センサスをもとに変更し、最新の道路状況を反映しました。さらに、道路ネットワークに到達圏インデックスを追加することで、道路距離 / 時間商圏の作成のパフォーマンス向上もはかりました。

Image1

続きを読む


エリアマーケティング特化型 GIS 「Esri Business Analyst 10.2.2」をリリースしました!

商圏分析・エリアマーケティング特化型 GIS 「Esri Business Analyst」の最新バージョン 10.2.2 をリリースしました。
今回のバージョンアップでは、標準搭載データの大幅アップデートに加えて、ArcGIS Online との連携強化などの機能強化も行われています。ここでは、新バージョンの主な変更点をご紹介します。

最新の統計データを新たに搭載しました
平成 22-21 年昼間人口データや、国勢調査の職業等基本集計などの統計項目を新たに搭載しました。それに伴い、商圏レポート テンプレートも更新しましたので、最新のデータを活用した商圏分析をすぐに始めることができます。

搭載データアップデート

続きを読む


自治体シンクタンクの調査研究、政策支援業務で GIS を活用

神奈川県相模原市の自治体シンクタンク「さがみはら都市みらい研究所」では、庁内のニーズに合わせた地図の作成・地域分析を行っています。リニア中央新幹線の新駅設置が予定される橋本駅周辺のポテンシャルの分析をはじめ、超高齢化社会を見据えた買物不便地域と居住者数の算出、人口統計データを利用した商店街圏域分析など、幅広い政策支援業務に GIS を活用しています。

詳細は活用事例: 「自治体シンクタンクの調査研究および政策支援業務における GIS の活用」(相模原市 さがみはら都市みらい研究所)をご覧ください。

Image


地域医療の役割と需要予測に位置情報を活用

長野県佐久市にある佐久総合病院は、佐久医療圏 20 万人に加えて隣接の上小医療圏 20 万人を含めた長野県東信地域の基幹病院です。佐久総合病院では、外来医療、救急医療、がん検診の3つの視点から地域に果たしている役割を可視化、分析し、病院経営・戦略に活用しています。

詳細は活用事例:「地域医療の役割と需要予測に位置情報を活用」(JA長野厚生連 佐久総合病院)をご覧ください。

Image_2


Esri Business Analyst 10.1 新機能紹介(5) ~空間統計ツールの活用~

先日リリースをした Esri Business Analyst 10.1 のお勧め新機能をこれまで4回に渡って紹介してきました。最終回は Business Analyst に限った機能ではございませんが、「さらにビジネスを加速するために」活用できる ArcGIS 10.1 for Desktop の空間統計ツールの機能を紹介します。

グループ分
一般に「クラスタ分析」と呼ばれる分析手法の一種で、属性情報をもとに統計的に最適なグループに分類することができます。ArcGIS では、属性情報だけでなく空間的関係性も加味したグループ分類が可能なのが特長です。
この機能を使うと、店舗商圏内の年代別構成比などを用いて、商圏の特徴から「シニア・ファミリー・シングル」などの商圏タイプに分類することができます。年収データなどを利用すれば、富裕度の情報も加味したタイプ分けが可能です。このような分析は、大量にチェーン展開している店舗で商圏タイプに応じた商品配置、さらには棚割りへの活用などが期待されます。

Img1

 

続きを読む