「 衛星画像 」一覧

ご存知ですか?Landsat 8 の閲覧、分析、保存ができる Web アプリ「Landsat Explorer」

Landsat Explorer という新しい Web アプリケーションを使って、衛星画像でさまざまな地域を探索してみませんか?

Landsat Explorer は、500,000 以上の Landsat 8 と GLS(Global Land Survey)シーンを分析し、毎日 500 以上の新しいシーンが追加されます。このアプリを使用することで、データのダウンロードや加工の手間なく衛星画像データを閲覧、分析、保存することができます。アプリは誰でも無料で利用することができますので、ぜひお試しください。

Landsat Explorer
※画像をクリックするとアプリが起動します。

続きを読む


読んで分かる!見て楽しい!「The ArcGIS Imagery Book(日本語版)」で画像やリモート センシングを学ぼう!

GIS と画像、リモート センシング、3D、ビッグデータなど、画像に関する ArcGIS の重要なトピックや最新情報を広く学ぶことができる「The ArcGIS Imagery Book(日本語版)」が公開されました。
画像処理や衛星画像の視覚化、効果的な解析方法、技術的な解説、GIS と画像の未来など、GIS での画像解析をこれから学びたいと考えている方から、さらに高度な技術を会得しようと考えている方まで、幅広く楽しめる内容です。
各章には、データを実際に見て触って学習することができるように Learn ArcGIS の各レッスンのリンクや、Web マップのリンクが掲載されていますので、よりスムーズに学ぶことができます。日本語版は Web 版と PDF 版が提供されており、PDF 版は Web ページからダウンロードできます(約120 MB)。

画像解析やリモート センシングに興味のある方はぜひご覧ください。多くの美しい衛星画像や写真をみているだけでも楽しめると思いますよ~。

各章の簡単な内容を紹介します。

続きを読む


ArcGIS Pro で ArcGIS Online の無料コンテンツを使ってみよう

ArcGIS for Desktop でベースマップを利用したことはありますか?ベースマップは ArcGIS Online から配信されている地図コンテンツの 1 つです。ArcGIS Online にはベースマップの他にもさまざまなコンテンツが用意されています。これにより、自分でデータを作成しなくても世界中のあらゆる分野の最新コンテンツを使用できるメリットがあります。また、最新のデスクトップ アプリケーションである ArcGIS Pro は ArcGIS Online との親和性が高いので、より簡単にオンライン サービスを利用できます。

今回は、ArcGIS Online のコンテンツを ArcGIS Pro で利用する方法をご紹介します。

ArcGIS Online ベースマップ

続きを読む


衛星画像もオープンな時代に? ― Sentinel-2 on AWS から無償で衛星画像データをダウンロードできます!

Image Browser

誰でも無償でダウンロードできる衛星画像といえば、Landsat シリーズが有名ですね。

Landsat の魅力は、なんといっても 1970 年代から現在まで継続して衛星画像が取得されているという点です。Landsat は長期間のモニタリングや経年変化などを把握するのに大活躍している衛星ですが、マルチスペクトル画像の地上分解能は 30m とあまり高くありません。

長期間の観測データはいらないけれど、もう少し地上分解能が高い衛星画像を無償で使いたい!という場合、AWS(Amazon Web Services)のクラウドサービスを利用して配信されている Sentinel-2 の衛星画像を使ってみてはいかがでしょうか。

インターネットに接続可能な環境であれば、誰でもデータにアクセスでき、無償でダウンロードすることができます。

続きを読む


ArcGIS Pro 1.3 をリリースしました!

ArcGIS for Desktop のアプリケーションのひとつである ArcGIS Pro の最新バージョン 1.3 をリリースしました。ArcGIS Pro 1.3 では、より操作性が向上し、解析・共有機能の拡張も行われました。
本記事では、その新機能のいくつかをご紹介します。

KML の読み込み
これまで KML(KMZ)ファイルは、ArcGIS で利用できる形式にインポートする必要がありましたが、直接参照し、表示できるようになりました。シンボルなどは KML の設定を引き継ぎ、表示することができます。
1
続きを読む


GEOSPACE CDS 対応ツールでハイブリッド画像が利用できるようになりました

GEOSPACE CDS 対応ツールは、NTT空間情報株式会社が提供するインターネット配信サービスのコンテンツ「GEOSPACE CDS」を ArcGIS for Desktop の背景地図として利用するための機能拡張ツールですが、Ver.10.4.01(ArcGIS 10.4 対応版)、Ver.10.3.02(ArcGIS 10.3.x 対応版)において、電子地図、航空写真、衛星画像に加えて、ハイブリッド画像が利用できるようになりました。

1

続きを読む


GIS の魅力がつまった『The ArcGIS Book』

The ArcGIS Book – 地理情報を活用するための 10 個の素晴らしいアイデア

01

米国 Esri では ArcGIS の基礎から活用までを紹介する『The ArcGIS Book』を公開しています。10 章で構成されるこのコンテンツでは、GIS を使ってより効果的に表現するための技術的なトレンドなどを紹介しています。GIS をこれから学びたい人から、GIS でもっと新しく効果的な表現や活用例を求めている人まで、GIS に関わるすべての方々にお役にたてる内容になっています。

 

続きを読む


ArcGIS Online の衛星画像の撮影日や解像度を確認する方法

ArcGIS Online はすぐに使える背景地図の 1 つとして衛星画像を提供しています。この衛星画像は ArcMap(ArcGIS for Desktop)でも ArcGIS Online のマップ ビューアーでも自由に使っていただけます。 

Image_00

この衛星画像の撮影日や解像度を、ArcGIS Online と ArcMap で確認する方法をご紹介します。

続きを読む


Spatial Analyst のセグメンテーションと分類ツールを使って画像分類してみよう!

ArcGIS for Desktop のエクステンション製品である Spatial Analyst は、主にラスター データセットを使った空間解析機能を提供しています。ArcGIS 10.3 for Desktop からは、Spatial Analyst ツールに [セグメンテーションと分類] ツールセットが追加されました。今回紹介するツールセットは、類似するスペクトル特性をもつ近隣ピクセル同士をグループとしてまとめ、その画像を基に分類します。ピクセル ベースの画像分類よりも、目視判読により近い分類結果を得ることができます。本記事では、このツールセットの利用方法をご紹介します。

01_

 

続きを読む


ArcGIS で Landsat 画像を地表面温度画像に変換しよう!

地球観測衛星の Landsat 画像は、無料で利用できる衛星画像として植生指数(NDVI)の計算や土地利用分類図の作成など幅広く利用されています。また、Landsat 画像には熱赤外のバンドが含まれており、このバンドを利用すると地表面温度を算出することができます。ここでは、ArcGIS 10.2.1 for Desktop を使用して Landsat 8 の熱赤外バンド(バンド 10、11)を地表面温度の値に変換する方法をご紹介します。
ArcGIS での Landsat 8 データのダウンロードと基本的な利用方法についてはこちらをご参照ください。

Image1_3

続きを読む