高校における空間情報科学の確立への挑戦

TPP (環太平洋戦略的経済連携協定)交渉への参加表明、コメの生産調整(減反)の廃止など、近年、日本の農業を取り巻く環境が大きく変わりつつあります。新潟県立新発田南高校の南空間情報科学研究会では、GIS や多変量解析の手法を採用し、岩船郡関川村を対象に農業地域構造の変容の様子や特色、今後の課題を抽出し、自治体等へ解決手法を提示することを目指した活用を行っています。

詳細は活用事例: 「高校における空間情報科学の確立つへの挑戦」(新潟県立新発田南高等学校)をご覧ください。

Image