みんな使っている人気ツールをご紹介!(2016年下半期版)- 前編

ESRIジャパンが提供するソフトウェア保守サービスをご契約いただいているお客様は、サポートサイトから Q&A サポートをご利用いただくことができます。この Q&A サポートですが、実は 1 年間で数千件ものお問い合わせをいただいております。ご利用いただいている方からはどのようなお問い合わせが多いのでしょうか?

Q&A サポートにいただいたお問い合わせをそのままご紹介することはできませんので、ArcGIS の重要な機能であるジオプロセシング ツールに注目し、2016 年の 7 月から 12 月にかけて、どのようなツールのご質問があったか、どのようなツールをサポートスタッフがご案内したかを集計してみました!

ランキング形式で 10 のツールをご紹介したいと思います。前編である今回は 10 位から 6 位までの発表です。ArcMap、ArcGIS Pro のどちらからでもお使いいただけるツールばかりですので、気になるものがあればぜひお試しください。

では、早速 10 位から見ていきましょう!

 

続きを読む



ArcMap を快適に操作するためのパフォーマンス ヒント

ArcGIS for Desktop を利用する上でパフォーマンスが課題となったとき、データの持たせ方やマップの表現方法を変えるだけで、パフォーマンスが向上する場合があります。

そんなパフォーマンスの改善に役立つヒントやコツを集めたドキュメント「ArcGIS for Desktop パフォーマンス ヒント」にトピックを追加して更新しました。

ArcGIS performance guide

続きを読む


こんなときには、この背景地図!

「ArcGIS ですぐに使える背景地図を探しているけど、どの背景地図が自分の用途に最適なのかわからない!」とお悩みの方もいらっしゃると思います。そんな方のために、ユーザーの皆さまからよくいただく質問をもとに、お目当ての背景地図を簡単に探し出す図をまとめました!

続きを読む


好きなレイヤーを組み合わせてベースマップを作ろう

ArcGIS Online のマップ ビューアー上で好きなレイヤーを組み合わせて自分だけのベースマップを作成することができます。利用できるレイヤーの種類は、タイル レイヤーベクター タイル レイヤーマップ サービスです。

それでは、Esri が提供する陰影起伏 (Terrain) レイヤーと国土地理院の土地利用図のタイル レイヤーを重ねて、より立体的に見える土地利用図のベースマップを構成してみましょう。

image08

続きを読む


ArcGIS Online(2017 年 3 月アップデート)の新機能情報

2017 年 3 月 2 日に、クラウド GIS である ArcGIS Online の最新バージョンをリリースしました。主な機能追加・機能改善の内容をご紹介します。

 

マップ ビューアー

  • ルート案内で、通行止めのバリアを追加できるようになりました。バリアを追加すると、通行止めを回避したルートが再計算されます。

通行止めを考慮したルート解析

  • ライブ データ レイヤーの時間範囲を固定ではなく、保存したマップを開いたときの範囲を使用できるようになりました。

続きを読む


ストーリー マップを自動再生しよう

ストーリー マップは情報やメッセージを地図と一緒に伝える Web アプリです。通常、ストーリー マップをスクロールして次のセクションを表示したり、画像やマップ上のポイントをクリックしたりするなどして、対話的に操作します。その中でも多くのストーリー マップには、スクロールやクリックなどの操作をしなくても自動で再生できる機能があります。

 

自動再生機能は、展示場や店頭のモニターなどでストーリーをループで自動再生したいときに便利です。また、指令センターや緊急対策室などでライブ データの最新情報を常に表示したりする場面でも有用です。

<画像をクリックするとマップを閲覧できます。>

ESRIジャパン 登山部 蝶ヶ岳登山(2016年夏)ストーリーマップ

続きを読む


ArcGIS for Desktop でよく使う解析ツールを ArcGIS Online でも使ってみよう(後編)- 属性結合 –

前編のブログ (ArcGIS for Desktop でよく使う解析ツールを ArcGIS Online でも使ってみよう (前編) – 属性検索・空間検索 –) では、ArcGIS for Desktop でよく使用する機能の ArcGIS Online ツールと、その中の [属性検索] や [空間検索] 機能をご紹介しました。後編では、共通の属性をキーとして 2 つのテーブルを結合する [属性結合] 機能をご紹介します。今回は、大東京防犯ネットワークでオープンデータとして公開されている「町丁字別犯罪情報」を使用して、2016 年 11 月における渋谷区の犯罪件数を町丁目のポリゴン データに結合します。

a e b
d
c

 

続きを読む


Drone2Map for ArcGIS 1.1 をリリースしました!

Drone2Map for ArcGIS

Drone2Map for ArcGIS は、位置情報をもつ画像から GIS データを生成することができるソフトウェアです。今回のバージョンアップによって、標準で作成できるオルソモザイクと数値表層モデル(DSM)に加えて、数値地形モデル(DTM)等高線が作成できるようになりました。その他にも新しい機能や機能拡張がありましたのでその一部をご紹介します。

 

続きを読む


現地調査テンプレート(空き家調査、橋梁管理、被害調査(ガス))をオンプレミス環境に配置できるようになりました

ESRIジャパンは ArcGIS Solutions を昨年 5 月にリリース(公開)し、ArcGIS プラットフォーム上に配置することですぐに業務を開始できる業種別のマップ、アプリ、ツールといった各種ソリューション テンプレート(以降、”テンプレート”と呼ぶ)を提供しています。たとえば空き家調査や橋梁管理など、自治体や建設コンサルタント会社が行う現地調査業務のテンプレートは GIS の専門的な知識がなくともすぐに利用できるので好評です。

現地調査テンプレートの活用ステップ

続きを読む