初めての方必見!シェープファイルの基本情報

この春から初めて GIS ソフトを触る機会がある方もいらっしゃると思います。GIS ソフトを使うには必ず「シェープファイル」という言葉を耳にします。ここで簡単にシェープファイルとはどういったものかを紹介します。

シェープファイルは図形情報と属性情報を持つ

シェープファイル (Shapefile) とは、Esri 社の提唱したベクター形式の業界標準フォーマットです。図形情報 (点、線、面) で駅や道路、建物といった地物を表現します。同時に属性情報 (建物名称や面積、人口など) も格納することができます。加えて位置情報を持つ場合、それに基づいた場所に表示されるので他の地図と重ねて利用することができます。

多くの GIS ソフトで使える

シェープファイルは ArcGIS 製品やその他多くの GIS ソフトウェアの間で幅広く利用されています。また、さまざまな機関からシェープファイル形式のデータが提供、販売されていますので、そこから入手し、ArcGIS 上で表示・解析することが可能です。ほかのソフトとの互換性があることから成果物としてシェープファイル形式で出力することも可能です。

ここに注意!

ファイルの拡張子に注意

シェープファイルは拡張子に注意が必要です。必須ファイルは 3 つあり、そのうち 1 つでも欠けるとアプリケーション上で表示することができません。拡張子 (.shp) だけがシェープファイルでないことを覚えておいてください。

主な構成ファイル(ファイルの拡張子とその概要)
.shp: 図形の情報を格納する主なファイル (必須)。
.shx: 図形のインデックス情報を格納するファイル (必須)。
.dbf: 図形の属性情報を格納するテーブル (必須)。
.prj: 図形の持つ座標系の定義情報を格納するファイル。ArcGIS で使用されます (推奨)。
.sbn および .sbx: 空間インデックスを格納するファイル。空間インデックスを持つと、ArcGIS で空間検索のパフォーマンスを向上させることができます (推奨)。
.<フィールド名>.atx: 属性インデックスを格納するファイル。属性インデックスを持つと、ArcGIS で属性検索のパフォーマンスを向上させることができます (オプション)。
.cpg: 文字コードに関する情報を格納するファイル (オプション)。

文字コードに注意

ほかの GIS ソフトや機関から提供されたシェープファイルを ArcGIS で開くと、まれに属性情報が文字化けして見える場合があります。これは、シェープファイルに文字コードが設定されており、アプリケーションごとにこの設定が異なっているからです。ArcGIS ではこの文字コードに関連したユーティリティを提供していますのでお困りの際はこちらをご参考にしてください。ArcGIS では  ユーティリティを利用することで、シェープファイル作成時に Shift_JIS もしくは UTF-8 に設定できます。

データ容量に制限がある

シェープファイルを構成するファイルのサイズはそれぞれ 2GB の制限があります。日本全国に点をプロットするなどした場合、容量が足りなくなる場合があります。
容量の大きなデータを扱ったり、文字化けを気にせずにデータを扱いたい、属性情報のフィールド名に長い文字列や記号を使いたいなどの要望がありましたら、ArcGIS の機能を最大限に発揮できるファイル ジオデータベースの利用をおすすめします。解析や分析・データの編集など高精度なデータを必要とされている方はぜひご検討ください。ファイル ジオデータベースの概要はこちらをご参照ください。

簡単ですが、シェープファイルの概要をご説明しました。もっと知りたい、利活用法を学びたいという方はぜひトレーニングを受講されることをおすすめします。

用語などはこちらにまとめられていますので、ご参考にしてください。
GIS 基礎解説

ほか GIS ソフトウェアでの使用

シェープファイルは開発者向けの仕様書が公開されているため、ほかの多くの GIS ソフトウェアでも対応しており、読み込み・作成・編集することができます。しかし、仕様として公開されているのは必須の 3 つのファイル構造のみです。そのほかのファイルは ArcGIS だけで利用するために拡張された専用ファイルとなっています。ArcGIS と、ほかの GIS ソフトウェアの両方でシェープファイルを扱う際は注意してください。

関連リンク