ArcGIS API for Flex および ArcGIS Viewer for Flex バージョン 2.3 が米国でリリース!

ArcGIS API for Flex および ArcGIS Viewer for Flex の最新バージョン2.3 が 4月18日に Esri 社からリリースされました。

■バージョン 2.3 の主な新機能

無限スクロールのサポート
WGS84 地理座標系または Web Mercator 投影座標系の場合、日付変更線で切れることなく、連続的に表示してスクロールすることが可能になりました。
Flexviewer23


属性情報を表示するポップアップウィンドウがより高機能に

ポップアップ ウィンドウ用のクラスが追加され、表示形式や添付ファイル、 リンク情報などの設定が容易になった他、デザイン用のクラスも追加され、 より多彩な表現が可能になりました。また、 ArcGIS.com の Web マップ のポップアップ表示にも対応しています。 さらに、ArcGIS Viewer for Flex では、 これらに対応したポップアップ ウィンドウのカスタマイズが簡単な設定 で行えるようになっています。
Popup


図形描画や編集を行う際のスナッピングが可能に

図形描画時に、Ctrl キーを押すことにより、図形の頂点にスナップすることが可能になりました。
Snapping

その他にも、多くの更新がなされています。詳細は、 ArcGIS API for Flex 新機能 、及び、 ArcGIS Viewer for Flex 新機能 をご参照ください。

ArcGIS API for Flex および ArcGIS Viewer for Flex バージョン 2.3 の国内サポートについて

バージョン 2.3 については現在、弊社で検証を行っております。 5 月中には検証を完了し、国内サポートを開始する予定ですので、国内での正式リリースまでもうしばらくお待ちください。

■関連リンク
Esri 社 Web サイト
ArcGIS API for Flex
ArcGIS Viewer for Flex