日本語版 ArcGIS.com を使ってみよう !

前回のブログでは、ArcGIS.com サイトの日本語版の概要をご紹介しました。今回は、ArcGIS.com サイトを使用する前の準備についてご紹介します。

ArcGIS.com にサインインしよう
ArcGIS.com サイトにサインインすると、ArcGIS.com 上で作成したマップを保存し、所属するグループのメンバーと共有できます。ArcGIS.com サイトでサインインするには、画面上部の [サインイン] をクリックします。
Temp1s_2

サインインには、Esri Global Account の取得と、ArcGIS Online へのメンバー登録が必要です。ArcGIS Online へのメンバー登録が完了している場合は、ユーザ名とパスワードを指定してサインインします。

Temp2s_2

Esri Global Account の取得とArcGIS Online へのメンバー登録が済んでいない場合は、サインイン画面左側の [Esri Global Account の登録] または [アカウントの作成] から、登録を行ってください。

使用する地域と言語を設定しよう
ArcGIS.com では、ユーザの環境に合わせて言語と地域を指定してマップやコンテンツを使用できます。
言語と地域を設定するには、まず ArcGIS.com サイト上部のユーザ名のリンクをクリックしてプロファイルを開きます。
Temp3s_2

続いて [マイ プロファイルの編集] をクリックして、プロファイルの編集画面を開きます。
Temp4s_2

この編集画面では、サムネイルの登録やプロファイルの公開設定などを行うことができます。
Temp5s_2

言語は、編集画面の [言語] ドロップダウンリストから設定できます。ここで設定した言語で ArcGIS.com サイトを使用できます。
地域は、編集画面の [地域] ドロップダウンリストから設定します。地域に「日本」を設定すると、ギャラリーでの日本関連のコンテンツの参照や ArcGIS.com マップ ビューア起動時に日本が中心になるように地図を表示させることができます。
言語を「Japanese-日本語」、地域を「日本」にして設定を保存すると、次回から以下のように日本に関連するコンテンツが「注目のマップ」として ArcGIS.com のトップページに表示されます。
Temp6s_2

■関連リンク
ArcGIS Online
ArcGIS.com マップ ビューア
・ArcGIS Explorer Online