平成22年国勢調査を収録!「ArcGIS データコレクション 2012」をリリースしました

ArcGIS ですぐに使えるデータ製品の最新版「ArcGIS データコレクション 2012」をリリースしました。既存の製品は最新データに更新され、さらに平成22年国勢調査を収録した統計データの新製品も追加しました。今回のブログでは、各製品の紹介と更新点についてご紹介していきます。

以下の製品は、これまで以上に使いやすい最新のデータに更新されました。

・ArcGIS データコレクション スタンダードパック 2012ArcGIS データコレクション 2012
・ArcGIS データコレクション 詳細地図 2012
・ArcGIS データコレクション 道路網 2012
・ArcGIS データコレクション 住居レベル住所 2012
・ArcGIS データコレクション 地形

さらに、以下の製品は新製品になります。

・ArcGIS データコレクション 国勢調査 2000&2005
・ArcGIS データコレクション 国勢調査 2010 人口・産業 全指標
・ArcGIS データコレクション 国勢調査 2010 基本単位区別集計
・ArcGIS データコレクション 統計パック

全てのデータ製品は、お使いのコンピュータに インストール / コピー するだけですぐにご利用いただけます。

ArcGIS データコレクション スタンダードパック 2012は、「広域地図」「公共地図」の2種類の背景地図、街区・地番レベルまでの住所検索やバッチジオコーディングが可能な「街区レベル住所」、平成22年国勢調査 小地域集計を収録し地域分析やマーケティングなどにご利用いただける「基本統計」をDVD4枚組に収録した、加工・調整済みのデータ集です。
これがあれば、背景地図データ(2種)、住所データ、統計データがすべて揃うお得なオールインワン データパッケージとなります。

【主な変更点一覧:スタンダードパック】

主な変更点一覧:スタンダードパック

広域地図の拡大画像
公共地図の拡大画像
街区レベル住所の拡大画像
基本統計の拡大画像

さらに、スタンダードパックに加え、鮮度、精度、高機能性をプラスし、より付加価値の高い高度なパフォーマンス性を兼ね備えたGISデータベースとして、「詳細地図」、「道路網」、「住居レベル住所」、「地形」、「統計パック」などをご用意しております。

今回は、平成22年国勢調査 小地域集計データの収録に合わせて、統計データ製品のラインナップが拡充します。統計データのほか、背景地図、住所データ、道路ネットワークデータなど、ArcGISユーザ様のニーズに合わせてデータ製品を選択することが可能です。

【主な変更点一覧:その他のデータ製品】

主な変更点一覧:その他のデータ製品

詳細地図の拡大画像
道路網の拡大画像
住居レベル住所の拡大画像
地形の拡大画像

主題図の背景となる地図、道路のルート検索、住所検索、住所リストのポイントデータ化、等高線や陰影起伏のある地図表現など、様々な用途にデータ製品を活用できます。
以前からデータ製品について気になっていた方、はじめてデータ製品を知った方、最新データが揃ったこの時期にご購入されることをおすすめいたします。

各製品の詳細について、後日このブログで紹介していく予定です。ご期待ください。