何ができるの? ArcGIS Spatial Analyst – 水文解析 –

ArcGIS for DesktopArcGIS EngineArcGIS for Server、あるいは ArcGIS Runtime のエクステンションの 1 つである ArcGIS Spatial Analyst の機能紹介第 6 回です。今回は、水文解析についてご紹介します。

水文解析は、数値標高モデル(DEM)データから、流域界や河川ネットワークを作成するツールです。水文解析を行う事で、例えば流域の面積を求めたり、ゲリラ豪雨時に水の流れる可能性がある場所を見つけたりすることができます。
水文解析で利用するツールは、個別に使用するツールもあれば [水文解析] ツールセット内のツールを順番に使用するツールもあります。
例えば、標高モデルから河川ネットワークを求めるには、いくつかのツールを使用します。 [サーフェスの平滑化] 、[流向ラスタの作成] ツールなどを使用すると、下図のように水が流れる可能性がある箇所を特定することができます。下図では、濃い青色ほど、水が流れる可能性が高いことを示しています。

水文解析は解析場所や解析手法によって使用するツールが異なります。水文解析の詳細については、ヘルプをご参照ください。

■関連リンク
ヘルプ :
水文解析
水文解析のサンプル アプリケーション

トレーニング :
Spatial Analyst 解析 トレーニング