意思決定プロセスのスピード化のカギは地理空間情報の共有化

多くの企業で課題として挙げられる「情報共有」と「意思決定のスピード化」。さらに、海外でビジネスを展開する企業にとっては「地域のリスク分析」がこの2つに加わることもあるのではないでしょうか。
カナダに本拠地を置き、世界各国で産金を手掛けるバリックゴールド社では、この3つの課題を解決すべく ArcGIS Online を導入。情報の一元管理による費用削減や業務効率化、意思決定プロセスの迅速化や鉱区周辺のリスク分析を実現しています。

詳細は活用事例、「意思決定プロセスのスピード化のカギは地理空間情報の共有化」(バリックゴールド社)をご覧ください。

Image_2