業務特化型・課題解決型 GIS 研修 -「職員ができることは職員で」-

GIS 導入の成否は、使用者の GIS 習熟度によって決まるといっても過言ではありません。奈良県では、職員の地理空間情報や GIS 活用の意識向上、継続的な運用に向けた GIS 研修、実際の業務での活用事例発表会などを行い、職員の GIS 利用促進を図っています。

Image


現在、県は職員定員の適正化による職員の削減や、予算の減少といった問題に直面しています。そのような中、「職員ができることは職員で」をコンセプトに、基礎研修、業務特化型研修、課題解決型グループ演習の3本柱で研修を行っています。


続きは活用事例、「県の課題解決を目指した業務特化型・課題解決型 GIS 研修」(奈良県 県土マネジメント部)をご覧ください。