ArcGIS Pro の画像処理機能紹介 その 4 ~ 画像分類 ~

ArcGIS Pro 1.4 では、リボンに [画像] タブという新しいタブが登場しました。これにより、今まで散らばっていた画像系の機能が一つにまとめられています。

この [画像] タブにある画像処理機能を全 5 回に亘って紹介するこのブログ、前回のブログでは「ラスター関数」についてご紹介しました。
第 4 回目は、画像分類の「分類ウィザード」についてご紹介します。

画像分類とは?

画像分類とは、衛星画像や航空写真などの画像の画素値から特徴を抽出して主題図を作成することです。広範囲にわたる土地被覆図や土地利用図を作成することができ、GIS を用いた解析などに活用できます。
※この機能は、ArcGIS Spatial Analyst ライセンスが必要です。


分類ウィザードを使用した画像分類の流れ

[コンテンツ] ウィンドウで分類に使用する画像データを選択し、[画像] タブ → [画像分類] グループ → [分類ウィザード] をクリックします。

画像分類ウィザードが表示されます。ArcGIS Pro では画像分類をウィザード形式で提供しており、パラメーターを設定しながらウィザードを進めていくので、初心者の方にも使いやすくなっています。最初に設定するパラメーターに応じて、その後のウィザードのパラメーターも変化します。下図は一例のウィザード フローを表しています。
画像分類の手法については、ヘルプをご覧ください。

番外編:ジオプロセシング ツールで画像分類

ArcGIS Pro での画像分類は、他にもジオプロセシング ツールで行うこともできます。こちらは、ツールを組み合わせて成果物を作成していくので、ウィザード形式に頼らない上級者向けの方法です。

今回は画像処理機能の画像分類についてご紹介しました。次回は最終回、オルソ マッピングについてご紹介します。

■関連リンク
ArcGIS Pro