【超情報化社会におけるニューノーマル!】 新規トレーニング コース開講「ArcGIS Online: ダッシュボード作成」

今年に入ってからよく目にする地図といえば、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の感染者マップである方も多いと思います。一方、改めてそれらのマップを見てみると 1 つの共通点が見えてきます。

それは、多くが「ダッシュボード」形式で情報を可視化しているという点です。

1_COVID19

※画像をクリックするとアプリケーションが立ち上がります

感染者の可視化にダッシュボード形式が選ばれる所以は大きく 3 点あると考えます。

・網羅性…膨大で多様な情報を可視化できる

・視認性…ぱっと見で伝わる

・操作性…誰でも手軽に操作できる

これらの特徴は、情報の可視化において分野問わず重宝され、マーケット デベロップメント、サプライチェーンの可視化、BCP 対策、インフラ設備管理、自治体からの情報発信など多様な分野での活用が期待できます。
supplychain

※本コースで作成するダッシュボードです。

本コースは ArcGIS Dashboards および ArcGIS WebAppBuilder を使用し、ダッシュボード作成について一から学べるコースとなっております。

次のようなご要望をお持ちの方には特におすすめです!

・自分で一からダッシュボードを作ってみたい方

・ダッシュボード作成に関わる基本的な知識を体系的に学びたい方

・各製品の違いを理解し、使い分けができるようになりたい方

情報過多な今だからこそシンプルで見栄えのするダッシュボードを作成し、円滑な意思決定を促進してみませんか?

少しでもご興味のある方は弊社トレーニング担当までお問い合わせください。

なお、本コースはオンサイト トレーニングにて承っております。

お申し込みは、お電話もしくはお問合せフォームよりお願いいたします。

――――――――――――――――――――

ESRIジャパン株式会社 トレーニング担当

電話番号: 03-3222-3941

――――――――――――――――――――

皆様のご受講を心よりお待ちしております。

■関連リンク

トレーニング コース一覧

フォローする