問題ステップ記録ツール

弊社 Q&A サポートのお問い合わせシステムに問い合わせを行うとき、操作手順を箇条書きで書いて説明するのが難しいと感じたことはないでしょうか?そのようなときには画面のスクリーンショットをひたすら撮っていけば良いのですが、それも結構大変な作業です。そのような場合に非常に役立つツールとして、Windows 7 には「問題ステップ記録ツール」(PSR.exe) というものが標準搭載されています。

Psr_2

問題ステップ記録ツールの起動方法
1. Windows の [スタート] ボタンをクリック
2. [プログラムとファイルの検索] ボックスに psr.exe と入力
3. [Enter] キーを押す

このツールの操作方法は非常に簡単で、[記録の開始] ボタンをクリックするとすぐにスクリーンショットの記録が開始されます。終了したいときは [記録の停止] ボタンをクリックするとすぐに圧縮ファイル(.zip)を保存するダイアログが表示され、任意の場所へ保存することができます。保存した圧縮ファイルの中には、マウス操作した過程を記録したスクリーンショットが MHTML 形式で含まれていて、Internet Explorer で開いて内容を確認することが可能です。

このツールは ArcGIS などのアプリケーションの中で選択したメニューやクリックしたボタンなども詳細に記録してくれるので、弊社 Q&A サポートへ問い合わせる時に操作手順を示す際には非常に役立ちます。

※注意:弊社 Q&A サポートのお問い合わせシステムにアップロード可能なファイル サイズの上限は 5 MB となっております。

参考までに、ArcMap の操作を記録した結果を添付します。
spatialanalyst.zipをダウンロード

参考情報(Microsoft Web サイト)