ArcGIS API for JavaScript および ArcGIS API for Flex バージョン 2.1 がリリースされました

以前、ArcGIS Web Mapping 2.0 のリリースについてご紹介しましたが、ArcGIS Web Mapping のうち、 ArcGIS API for JavaScript の最新バージョンである『ArcGIS API for JavaScript 2.1』が9月20日に 、ArcGIS API for Flex の最新バージョンである『ArcGIS API for Flex 2.1』が9月21日に、Esri社からリリースされました。

■バージョン2.1の主な新機能

ArcGIS API for JavaScript 2.1:
Dojo 1.5 のサポート
・ 3つの新しいウィジェットの追加
・ BasemapGallery — ArcGIS Online の各ベースマップの参照、切り替え
・ Legend — レイヤの凡例(シンボル、ラベル)の表示
・ Scalebar — マップへスケールバーの追加
・ OGC Web Map Service(WMS)のサポート
・ Draw ツールバー にARROW(矢印)、CIRCLE(円)、ELLIPSE(楕円)、RECTANGLE(長方形)の描画機能が追加

Arcgisblog2010092801_6

BasemapGallery ウィジェット

ArcGIS API for Flex 2.1:
・ 描画ツールに、CIRCLE(円)、ELLIPSE(楕円)の描画機能が追加
・ 編集ツールに、回転、拡大縮小の描画機能が追加
・ OGC Web Map Service(WMS)のサポート

Arcgisblog2010092802_3


図形の回転や拡大縮小ができるようになりました。

■ArcGIS API バージョン 2.1 の使用方法

ArcGIS API for JavaScript:

ArcGIS API for JavaScript の利用は弊社製品ページ、ArcGIS API for JavaScript スタートアップ ガイド をご利用ください。

バージョン2.1の機能を利用する場合はアプリケーション内で以下の URL を参照してください。

スクリプトの参照:http://serverapi.arcgisonline.com/jsapi/arcgis/?v=2.1

スタイルシートの参照: http://serverapi.arcgisonline.com/jsapi/arcgis/2.1/js/dojo/dijit/themes/claro/claro.css

ArcGIS API for Flex 2.1:

ArcGIS API for Flex の利用は弊社製品ページ、ArcGIS API for Flex スタートアップ ガイド をご利用ください。バージョン2.1の機能を利用する場合はアプリケーションが参照するライブラリを2.1用のライブラリに設定します。

■ArcGIS API for JavaScript 2.1 および ArcGIS API for Flex 2.1 の国内サポートについて

ArcGIS API for JavaScript 2.1 および ArcGIS API for Flex 2.1 は現在弊社内で検証を行っております。検証が完了次第、国内サポートを開始いたしますので、国内での正式リリースまでもうしばらくお待ちください。ただし、現時点でも API をご使用頂くことは可能ですので是非最新バージョンの ArcGIS API for JavaScript、ArcGIS API for Flex 2.1 をお試しください。

■関連リンク

ESRIジャパン Web サイト
ArcGIS Web Mapping

Esri 社 Web サイト
ArcGIS API for JavaScript
ArcGIS API for Flex