エリア マーケティングの強い味方、推計消費額 2021 をリリースしました!

2021 年 4 月 16 日に ArcGIS Stat Suite 推計消費額 2021 をリリースいたしました。2021 版では、元データを令和元年家計調査 (家計収支編) に更新しています。

ArcGIS Stat Suite 推計消費額は家計調査をもとに推計した約 600 以上もの品目の消費額を収録したものであり、町丁・字等別版とメッシュ版をご用意しております。

品目の内訳やデータの仕様については、ArcGIS Stat Suite 推計消費額 データ基本仕様書にてご確認いただくことができますが、食品や衣服、医薬品代、通勤定期代など多種多様な品目を対象としていることがわかります。このデータにより特定の地域内における商品別の消費購買力を金額として把握できるため、例えば既存店舗の売上評価、新規出店予定地での売上予測・商品構成の検討などに利用することができます。

推計にあたり、元データの正規化から複雑な計算処理を実施しています。データ構築には ArcGIS と統計の知識・技能を要しますが、その集大成となるデータはご購入後簡単にお使いいただくことができます。

本データにはレイヤーファイル (*.lyr、*.lyrx) が同梱されています。シンボルなどの見栄えの設定はすでに行われた状態でご利用いただけます。

幅広い用途に利用可能な統計データ、地域的傾向を可視化する推計データがラインナップされた ArcGIS Stat Suite。是非、皆様のビジネスやご研究にお役立ていただければ幸いです。

■関連リンク

【さらに豊富なデータが利用可能に !】ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps がバージョン アップ

ESRIジャパン データコンテンツ 2021 をリリースしました!