ArcGIS Pro 2.8 新機能: イメージに関する機能が進化しました!

2021 年 6 月 30 日に ArcGIS Pro 2.8 をリリースしました。

今回は、高度な画像解析機能を提供する ArcGIS Image Analyst エクステンションで使用できるイメージ関連の新機能をピックアップしてご紹介します。

Full Motion Video

ディープ ラーニング ベースのオブジェクト トラッキング機能が追加されました。

再生中のビデオ上で特定の対象物を追跡することができます。

上記画像では、道路を走るトラックを追跡しており、これは ArcGIS Living Atlas で公開されている 「Object Tracking」 というディープ ラーニング モデルを使用しています。

ArcGIS Living Atlas では他にも様々なディープ ラーニング モデルが公開されていますのでご参考になさってください。

ディープ ラーニング

[ディープ ラーニングを使用して変化を検出] ツールなどが新しく追加され、いくつかのツールも機能強化されています。

たとえば、[ディープ ラーニング モデルのトレーニング] ツールでは、Pix2Pix や Super-resolution など新しく 9 つのモデル タイプをサポートしました。

モデル タイプが追加されたことでより多くの場面でご利用いただけるようになりました。

そのほかにも ArcGIS Pro 2.8 では、多くのイメージ関連の機能が強化されています。

詳しくは、ArcGIS Pro 2.8 の新機能 Web ヘルプをご覧ください。

ArcGIS Pro をお持ちでない場合は、トライアル版でお試しいただけます。この機会にパワーアップした ArcGIS Pro をぜひご利用ください!

ArcGIS Pro 2.8 の新機能をご紹介してきた連載記事も本記事で最後となりました。

これまでもご紹介している 8 月 4 日 (水) の「ArcGIS Pro 2.8 新機能ハイライト ~ ArcGIS 活用ウェビナー ~」では、新機能についてデモンストレーションを交えてご紹介しますので、お申し込みの上、是非ご参加ください。

ArcGIS Pro 2.8 新機能ハイライト ウェビナー

■ 関連リンク

ArcGIS Pro 2.8 をリリースしました! 

ArcGIS Pro 2.8 新機能:パフォーマンスと生産性が向上しました!   

ArcGIS Pro 2.8 新機能:ついに全ライセンス レベルで利用可能! ボクセル レイヤーのご紹介

ArcGIS Pro 2.8 新機能:IFC フォーマットのサポート

ArcGIS Pro 2.8 新機能:解析ツールがより使いやすくなりました!

ArcGIS Pro 2.8 新機能:データ エンジニアリングを使って効率的に解析データを準備しよう!