ArcGIS Pro 2.8 をリリースしました!

高機能デスクトップ GIS である ArcGIS Pro 2.8 を 6 月 30 日にリリースしました。

ArcGIS Pro 2.8 では、多くの新しい機能の追加や機能改善が行われました。ここでは、その一部をハイライトでご紹介します。

データ エンジニアリング

データ エンジニアリングは、データの探索、可視化、クリーニング、および準備を支援します。

データ エンジニアリングのプロセスは、多くの空間分析とマッピングのワークフローにおいて重要な最初のステップです。新しいデータ エンジニアリング ビューとリボンを使用すると、データの理解が深まり、GIS ワークフローの準備が可能です。

データエンジニアリング

コマンド検索

コマンド検索では、名前やキーワードでコマンドやツールを探すことができます。

目的のコマンドが見つかったら、検索結果から直接実行することができます。

コマンド検索

IFC フォーマットのサポート

BIM/CIM データのサポートが拡張され、BIM ファイルのワークスペースとして IFC (Industry Foundation Classes) ファイルが追加されました。

IFCフォーマット

ボクセル レイヤーの利用可能ライセンスの変更

ボクセル レイヤーは、ArcGIS Pro のすべてのライセンス レベルで利用できるようになりました。

ボクセルレイヤー

パフォーマンスと生産性の向上

ArcGIS Pro 2.8 リリースでは、新機能に加えて、パフォーマンスと生産性の向上に重点を置いています。

以下の機能などにおいて、パフォーマンスの向上が見られます。

  • プロジェクト ファイルの開始と保存
  • レイヤーが折りたたまれたマップを開く
  • 3D オブジェクトの読み込みと描画
  • ラベルの配置とラベル ハローの描画
  • テーブルを開く
  • 多数のジオプロセシング ツールおよびラスター関数の実行
  • ジオプロセシング ツールの入力データの読み込み
  • ModelBuilder モデルの読み込みと操作
  • エンタープライズ ジオデータベースまたはフィーチャ サービスからのデータを使用したフィーチャ レイヤーのレンダリング
  • ベクター タイル マップの描画

その他、ユーザーからリクエストの多かった機能の実装や、新しい解析ツールが追加されています。その他の新機能の詳細は Web ヘルプをご参照ください。

なお、2021 年 6 月 1 日から、お客様と Esri をつなぐ My Esri サイトへのアクセスの提供を開始しました。ArcGIS Pro のダウンロードは My Esri サイトから行ってください。

ArcGIS Pro をお持ちでない場合は、トライアル版で 21 日間お試しいただけます。是非お申し込みください。

■関連リンク

ArcGIS Pro 製品ページ

ArcGIS Pro 2.8 新機能紹介ウェビナー