ArcGIS 3D Analyst で 2D ポリゴンを3次元表示してみよう


ArcGIS Desktop エクステンション製品である 3D Analyst の特長のひとつは、GIS データを効果的に視覚化できることです。

2D のデータであっても、視覚的に 3D として表現することができます。

平面的な 2D の建物データも、3D Analyst の「立ち上げ」機能を使用して、高さの情報から 3D ビュー上で立体的に表現できます。

1_map_3


属性情報に高さ情報が格納されている場合、以下のように設定します。(高さ情報が 10cm 単位の場合)
2_setting_2

属性情報に階層情報が格納されている場合、以下のように設定します。(1フロア当たり 4m として換算)
3_setting2_2

設定の詳細については、以下のヘルプをご参照ください。

ArcScene の場合の操作
ArcGlobe の場合の操作

他にも、例えば人口の値を使用して、強調表示することもできます。
4_pop_2

このように、簡単に GIS データを 3D 表現することが可能です。お手持ちの 2D のデータも 3D Analyst で効果的なマップを作成することができます。是非、一度ご活用ください。