ArcGIS Desktop 10 におけるマップ テンプレートの活用

Maptemplate    

マップ テンプレートとは、新しいドキュメントの作成元となるマップ ドキュメント(*.mxd)※です。

マップ テンプレートを使用し、マップのレイアウトを組織内で共有することで、共通した仕様のマップを作成することができます。マップ テンプレートには頻繁に利用する背景地図や印刷レイアウトを含めることができるので、方位記号や縮尺記号などのマップの共通部分を手動で配置する必要がなくなるため、作業時間の節約につながります。

※Ver. 10 では [テンプレートの選択] ダイアログ ボックスと [はじめに] ダイアログ ボックスが更新され、テンプレート ファイルの拡張子が *.mxt から *.mxd に変更されました。既存の *.mxt ファイルを変換するには、カタログ ウィンドウからドラッグ アンド ドロップでマップに追加し、マップ ドキュメント(*.mxd)として保存します。

マップ テンプレートを使用するには、2 つの方法があります。

方法1 ArcMap を起動し、[はじめに] ダイアログ ボックスのテンプレートを選択。

0

方法2 [レイアウト] ツールバーの [レイアウトの変更] をクリックし、 [テンプレートの選択] ダイアログ ボックスからテンプレートを選択。

2_3
1_2

また、新しいマップ テンプレートを作成し、使用することもできます。マップ テンプレートとして使用するには、専用フォルダにマップ ドキュメントを保存またはコピーするだけです。これにより、[はじめに] ダイアログボックスや [テンプレートの選択] ダイアログボックスから新しく作成したマップ テンプレート利用できます。
また、専用フォルダ内にフォルダを追加することで、テンプレートをカテゴリごとに整理することができます。

3_3

専用フォルダの場所は以下の場所になります。

ログイン ユーザのみで使用(マイ テンプレート ノードに追加)したい場合
C:Users<ユーザ名>AppDataRoamingESRIDesktop10.0ArcMapTemplates

全てのユーザで使用(テンプレート ノードに追加)したい場合
C:Program FilesArcGISDesktop10.0MapTemplates

マップ テンプレートについてさらに詳しく知りたいという方は下記をご参照ください。
ArcGIS 10 の新機能 – マップ テンプレート
マップ テンプレートの使用