ArcGIS API for Flex および ArcGIS Viewer for Flex のバージョン 3.3 をリリースしました!


ArcGIS API for Flex および ArcGIS Viewer for Flex の最新バージョン 3.3 をリリースしました。

今回のバージョンアップでは ArcGIS Online のネットワーク サービスを使用したルート案内用のコンポーネントが追加されたほか、検索機能の強化やサポート レイヤの追加など便利な機能が追加されました。

以下では、バージョン 3.3(3.2 を含む)の新機能(抜粋)や新しくなったサンプル コードの入手方法をご紹介します。

■新機能

ルート案内

ArcGIS Online や ArcGIS for Server のネットワーク サービスを利用したルート案内用のコンポーネントが追加され、ルート検索が簡単に実装できるようになりました。
目的地は必要に応じて複数設定することも可能です。

1

※ArcGIS Online のネットワーク サービスを利用する場合は、ArcGIS Online 組織向けプランのご契約が必要です。


検索機能の強化

新しくジオコード コンポーネントが追加され、これによって住所検索が簡単に実装できるようになりました。 なお、ジオコード サービスに加えてマップ サービスに含まれるフィーチャの検索も可能です。

下図のヘッダに表示されているドロップ ダウン(検索結果)にはレイヤ「オフィス情報」と「駅」を「新大阪」というキーワードで検索した結果が表示されています。

ドロップ ダウンから結果を選択すると、選択したフィーチャにズームします。

2

サポート レイヤの追加(Viewer のみ)

バージョン 3.1 の API で追加された Web Tiled レイヤが Viewer にも対応しました。
Web 上に配信されたタイルマップをレイヤとして使用できるようになりました。

3

GeoRSS レイヤ、Web Tiled レイヤ を含んだ Web マップのサポート
ArcGIS Online で設定した Web マップを使用することが可能ですが、新たに GeoRSS レイヤ、Web Tiled レイヤを含んだ Web マップの表示に対応しました。ArcGIS Online の Web マップについての詳細はこちらをご参照ください。

4

※Web Tiled レイヤを含んだWeb マップを表示しています。

レイヤ一覧の機能強化(Viewer のみ)

レイヤの表示/非表示や透過表示などが可能なレイヤ一覧に凡例を表示できるようになりました。

5

URLパラメータの機能強化

URL パラメータを使用して地図の初期表示範囲を指定することが可能でしたが、さらに座標系を指定した初期表示範囲の指定ができるようになりました。

例えば、Web メルカトルの背景地図の場合に、緯度経度で指定可能です。

6

その他の更新情報や新機能については ArcGIS API for Flex 新機能(英語) または ArcGIS Viewer for Flex 新機能(英語) のバージョン 3.3 および バージョン3.2 の項目をご参照ください。

■サンプル コードの入手方法

API のサンプル コードの入手方法が新しくなりました。ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブ サービスである GitHub からサンプル コードを入手していただくことができます。GitHubとは、一般に公開されるオープンソースの貯蔵庫のことです。

7_2

https://github.com/Esri/arcgis-samples-flex

[ZIP] ボタンからサンプル コードの ZIP ファイルをダウンロードします。

■関連リンク

ESRIジャパン Web サイト:
・ArcGIS API for Flex:http://www.esrij.com/products/arcgis/developer/arcgis-web-mapping/arcgis-api-for-flex/

・ArcGIS Viewer for Flex:http://www.esrij.com/products/arcgis/developer/arcgis-viewer/arcgis-viewer-for-flex

Esri 社(米国) Web サイト:
・ArcGIS API for Flex:
http://resources.arcgis.com/en/communities/flex-api/index.html

・ArcGIS Viewer for Flex:
http://resources.arcgis.com/en/communities/flex-viewer/index.html