一刻を争う火災現場にリアルタイムデータを配信

人命に関わることもある火災現場。意思決定の鍵となる情報を、関係各署と現場でどのように共有するか。カリフォルニア州アラメダ郡では、この課題を解決するため、ArcGIS for Server をプラットフォームとした SitSat というアプリケーションを開発しました。刻々と変化する隊員の位置情報や任務状況といった情報を SitSat で統合、表示し、タブレット PC やスマートフォン等で共有することができます。情報の共有化により、一刻を争う現場での的確な意思決定が可能になりました。

詳細は GIS ニュース: 「一刻を争う火災現場にリアルタイムデータを配信」(カリフォルニア州アラメダ郡地域緊急通信センター)をご覧ください。

Sitsat_2