ArcMap での作業効率を上げる便利なショートカット機能

ArcMap で作業をしていて、もっと効率よく作業できないかなと思ったことはありますか?ArcGIS for Desktop はたくさんの機能があり GIS 作業を早めてくれますが、ショートカットを利用することで、更に効率よく作業を行えます。今回は、便利なショートカットを 10 コご紹介します。

マップ上で利用できるショートカット

その1:コンテンツ ウィンドウ内でデータ フレームをアクティブにするには、Alt キーを押した状態でデータ フレーム名をクリックします。

1_3

その2:同じデータ フレーム内でレイヤをコピーする場合は、Ctrl キーを押した状態でコピーしたいレイヤを上または下にドラッグします。複数のレイヤを選択した場合は、Ctrl キー +ドラッグで一度にすべてコピーすることができます。

2_2
異なるデータ フレームにレイヤをドラッグした場合は、レイヤはコピーされます。異なるデータ フレームにレイヤを移動させたい場合は、Ctrl キー + ドラッグを行います。
その3:コンテンツ ウィンドウ内で Alt キーを押した状態でレイヤ名をクリックすると、そのレイヤの範囲にズームします。
その4:コンテンツ ウィンドウ内でレイヤをクリックし(選択し)、Enter キーを押すとレイヤ プロパティが開きます。
その5:マップの操作中に画面移動ツールに一時的に変更したい場合は、C キーを押します。また、拡大ツールに一時的に変更したい場合は Z キー、縮小ツールに一時的に変更したい場合は X キーを押すと変更できます。このショートカットは空間的に制限されているフィーチャを選択したい場合に便利です。

テーブル上で利用できるショートカット

その1:素早くテーブルを開きたい場合、コンテンツ ウィンドウ内で Ctrl キーを押した状態でレイヤまたはテーブルをダブルクリックするか、コンテンツ ウィンドウ内でレイヤまたはテーブルをクリックし(選択し)、Ctrl キー + T キーを押します。
その2:編集セッション中ではない場合、行の選択 / 選択解除を行うには、Space キーを押します。

3_3
その3:Ctrl キー + U キー を押すとテーブル上の選択を逆にすることができます。
その4:フィールド名をダブルクリックすると、昇順で並び替えることができます。もう一度ダブルクリックすると、降順で並び替えることができます。
その5:フィールド名をクリックし(選択し) Ctrl キー + H キーを押すと、フィールドを隠すことができます。再度フィールドを表示させたい場合は、レイヤ プロパティ → [フィールド] タブから表示させたいフィールドのチェック ボックスにチェックを入れます。

いかがでしたか?ショートカットを利用すれば、今まで複数クリックが必要だった操作がワンクリックで実現できます。是非ご利用ください。
今回ご紹介した以外のショートカットリストはヘルプから確認することができます。また、いくつかのショートカットやよく使用する SQL 条件式などをまとめたクイック リファレンス カードをこちらの Web サイトからダウンロードすることができます。

関連リンク
ArcGIS Desktop のパフォーマンスを改善するには?