最新版データ製品「ArcGISデータコレクション 2014」 のご紹介 ~その1~ スタンダードパック

ESRIジャパンの最新データパッケージ製品「ArcGIS データコレクション スタンダードパック 2014」をご紹介します。スタンダードパックには、ArcGIS ですぐに使える、背景地図データの「広域地図」「公共地図」、住所データの「街区レベル住所」、統計データの「基本統計」、以上 4 種類のデータを DVD4 枚に収録しています。

DISC1 枚目に収録している「広域地図」は、株式会社ゼンリンの地図データを元に作成された精度 1/25,000 の背景地図です。道路中心線や鉄道路線など数多くの地物が収録され、カフェやファミリーレストラン、コンビニエンスストアなど民間の目標物データも多数含まれています。また、地図上で注記、駅、郵便番号などを検索し、目的の場所まで移動することができる「目標物検索」が可能です。

広域地図 広域地図:全国版に加えて、便利な地方別版も同時収録されています。

目標物検索 広域地図:目標物検索では、注記、駅名、バス停名、施設、交差点、IC 名、郵便番号、電話番号(市外局番まで)等を検索できます。

DISC2 枚目に収録している「公共地図」は、数値地図や国土数値情報、基盤地図情報などの公共データを使用して作成した、精度 1/25,000 の背景地図です。公共地図を使用して作成した印刷物やスクリーンショット画像等の外部への公開や配布は、特に制限はありません(ただし、コピーライトを表示する必要があります)。

公共地図公共地図:全国シームレスな地図をお使いいただけます。

DISC3 枚目に収録している「街区レベル住所」は、ArcGIS の標準機能で「街区(番・番地)」レベルまでの住所検索や住所のジオコーディングが可能な住所データベースです。例えば、エクセルに入力されている大量の住所情報を、地図上にポイントデータ化することがすぐできます。

街区レベル住所街区レベル住所:大字止まりの住所も検索できます。

DISC4 枚目に収録されている「基本統計」は、平成 22 年国勢調査 町丁字等別集計の指標の中から、253 指標を収録しています。その他、用途地域データ、土地利用細分メッシュデータ、駅別乗降客数データなどの統計データが収録されており、様々な用途にご使用いただけます。

基本統計基本統計:町丁字等別に管理職の居住する割合を表しています。

昨年版からの主な変更点は以下の表をご覧ください。
【スタンダードパック 2014 の主な変更点一覧】
変更点一覧
スタンダードパックがあれば、ArcGIS で背景地図、住所データ、統計データをすぐ使用でき、コストのかかるデータ収集・構築の手間を省くことができます。2014 年版では昨年版と比べてより使いやすいデータに仕上がっており、その価格(低コストで導入可能)と品質(高品質・高性能)にご満足いただけること間違いなしです。
詳細については、弊社 Web ページもご覧ください。

■関連リンク
ArcGIS データコレクション
ArcGIS データコレクション スタンダードパック
GIS データストア