Operations Dashboard for ArcGIS がバージョン 10.2.2 にアップデートしました!

Operations Dashboard for ArcGIS は、ArcGIS Online 組織向けプランArcGIS Online(ArcGIS for Desktop ユーザ向け)に無償で付属する状況認識やモニタリングのためのダッシュボード型アプリケーションです。
フィールド調査員、車載 GPS、各種センサーなどによって刻々と更新される情報の変化を地図上に表示し、日々の業務の進捗や環境の変化をリアルタイムに可視化することができます。

本バージョンの主な新機能についてご紹介します。

■主な新機能
Web ブラウザでのオペレーション ビューの使用
いままでは、Operations Dashboard for ArcGIS で作成したオペレーション ビューを開くには、Operations Dashboard for ArcGIS をインストールする必要がありましたが、Web ブラウザでオペレーション ビューを開くことができるようになりました。
Web ブラウザのオペレーション ビューは、Windows だけでなく Android や iOS タブレットでも使用できます。

Dashboard_ipad_2

新しくなった [フィーチャの選択] ツール
マップ上のフィーチャを選択する際に、マップ上で四角形、フリーハンド ポリゴン、円を描画して選択できるようになりました。

Select_tool_3
レイヤ単位の更新間隔の使用
動的なデータ ソースに対して、共通の更新間隔だけでなく Web マップで指定した各レイヤの更新間隔を使用してデータ ソースを更新できるようになりました。

マップ サービスをデータ ソースとして利用可能
フィーチャ サービスだけでなくマップ サービスもデータ ソースとして利用できるようになりました。

誰でも Operations Dashboard for ArcGIS を使用できるトライアル モードが提供されていますので、ぜひ一度 Operations Dashboard for ArcGIS をインストールしてリアルタイム データのモニタリングをご体験ください。
トライアル モードでの使用方法については、こちらをご参照ください。

■関連リンク
Operations Dashboard for ArcGIS
ArcGIS Online
ArcGIS ブログ