自治体シンクタンクの調査研究、政策支援業務で GIS を活用

神奈川県相模原市の自治体シンクタンク「さがみはら都市みらい研究所」では、庁内のニーズに合わせた地図の作成・地域分析を行っています。リニア中央新幹線の新駅設置が予定される橋本駅周辺のポテンシャルの分析をはじめ、超高齢化社会を見据えた買物不便地域と居住者数の算出、人口統計データを利用した商店街圏域分析など、幅広い政策支援業務に GIS を活用しています。

詳細は活用事例: 「自治体シンクタンクの調査研究および政策支援業務における GIS の活用」(相模原市 さがみはら都市みらい研究所)をご覧ください。

Image