津波襲来アニメーションで被災状況をわかりやすく伝える

巨大地震が発生したとき、その後に起こりうる様々な事態を予測し行動できるでしょうか。
海洋研究開発機構では、一人ひとりが防災意識や避難知識を持つことで正しい判断を導き、災害の低減につなげるという考えから、一般の人にも分かりやすい 3D アニメーションモデルの津波動画を作成しました。

Image

3D アニメーションでは、2D のアニメーションモデルにはない波のうねりや厚み、高さ、奥行きが表現され、一般の人でも陸地に到達した際のインパクトを想像しやすい内容になっています。アニメーションの作成には、理化学研究所のスーパーコンピューター「京」と ArcGIS が利用されています。

続きは活用事例、「スーパーコンピューター「京」で解析した津波シミュレーションをアニメーションにより可視化」(海洋研究開発機構)をご覧ください。