JAXA が衛星画像による軽石観測情報を提供開始しました!

2021 年 8 月、小笠原諸島の海底火山から噴出した大量の軽石は 10 月には沖縄や奄美に流れ着き、漁業や観光など生活に大きな影響をもたらしています。この軽石の問題は長期化・深刻化することが懸念されています。

宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は、海上の軽石の分布を衛星「しきさい」 (GCOM-C) 等の人工衛星観測画像によって把握し、情報提供しています。

衛星「しきさい」 (GCOM-C) 等による軽石観測情報

衛星「しきさい」(GCOM-C)等による軽石観測情報

衛星画像の判読により推定された軽石の分布地図は ArcGIS Online の Web アプリを利用して公開されています。

※軽石推定分布は随時更新されます。

アプリ

※画像をクリックすると、アプリが開きます

こちらのアプリに表示されているデータは ArcGIS Online 上に公開されているため、ArcGIS Online や ArcGIS ProArcGIS Earth などの各種製品上にデータをすぐに追加し、他関連データや保有しているデータと合わせ使うことが可能です。

ArcGIS Online はクラウド上に作成した独自のマップや他のユーザーのデータに、いつでもどこでも必要な時にアクセスして利用することができます。

個人向けの無償プラン、開発者向け、組織向けプランを用意しております。

提供コンテンツ

軽石推定分布_JAXA

提供コンテンツ

上記 Web マップに含まれている各レイヤーは下記の方法で追加可能です。

  • ArcGIS Online での追加

ArcGIS Onlineでの追加

  • ArcGIS Pro での追加

ArcGIS Proでの追加

  • ArcGIS Earth での追加

ArcGIS Earth での追加

JAXA では引き続き、運用する地球観測衛星「しきさい」と「だいち2号」、海外宇宙機関の観測画像もあわせて確認し、軽石推定分布について更新を継続する模様です。

関連リンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする