GIS データの品質管理専用のエクステンション ArcGIS Data Reviewer のサポートを開始しました!

ArcGIS 10.3 for Desktop のリリースに伴い、GIS データの品質管理を行うエクステンションである ArcGIS Data Reviewer のサポートも開始しました。

ArcGIS Data Reviewer は高品質な GIS データを作成するために、GIS データの不整合のチェックを行う機能や、目視によるチェックを行う際に効率よく作業を行うための機能を提供します。

Image01


ArcGIS Data Reviewer の主な機能は、空間的なエラーや属性値のエラーを検出する自動チェック、検証したい GIS データとソース データを目視によってチェックする際に使用する各ツール、エラーのライフサイクル管理、品質についてのレポートです。ArcGIS Data Reviewer を使用することで、効率よく GIS データの品質管理を行うことが可能です。

初めて利用する方でも製品の概要を掴んでいただくために、無償のワークブック(Esri 製品サポートへのログインが必要です)や有償のトレーニングもご用意しています。また、自動でチェックできる項目を簡単にまとめたドキュメントもこちら(Esri 製品サポートへのログインが必要です)からダウンロードできます。
ご興味のある方は、まずは弊社お問い合わせページからお問い合わせください。

■関連リンク
・ArcGIS 10.3 新機能紹介ページ: http://www.esrij.com/products/arcgis-for-desktop/whats-new/