メンタルマップ GIS をベトナム農村住民の空間リテラシーの向上に向けて

近年目覚ましい経済発展を遂げるベトナム。若年層を中心にスマートフォンが普及し、地図アプリケーションが利用されています。一方で、ベトナムの農村は地域づくりにおいて地図や空間情報の活用が進んでいないといった課題がありました。ベトナム農村の住民による空間リテラシーの向上を目指して、日本とベトナムの大学との共同プロジェクトが立ち上がりました。

Vietnam_image1

頭の中で描いた地図を手書きの地図で表すことをメンタルマップと呼びます。本プロジェクトでは、メンタルマップと正確な地図を用いて Web GIS をベースとしたアプリケーションを開発しました。行政職員や小中学校教員にこのアプリケーションを用いたゲームに参加してもらい、「操作が容易なシステムである」、「電子地図を用いることで地元の人々が位置を特定しやすい」など、様々なフィードバックが得られました。今回開発されたメンタルマップ GIS の詳細や本プロジェクトの結果については、「ベトナム農村の住民の空間リテラシーの向上に向けて」(鳥取大学・大阪市立大学・フエ大学・ダナン大学・ノンラム大学)をご覧ください。

Vietnam_image2

■関連リンク

・ 事例 : 「国勢調査と開発計画立案を支援」(ルワンダ国家統計局)
・ 製品 : ArcGIS for Desktop
・ 製品 : ArcGIS for Server