SAPジャパン、日立、ESRIジャパンが連携し、ビッグデータを活用したシステム基盤の開発・検証を実施

ArcGIS を用いることで意思決定に必要な未来予測情報を高速に地図画面上に可視化することに成功しました。

今回、SAPジャパン株式会社、株式会社日立製作所、ESRIジャパン株式会社は、リアルタイムデータ処理に優位性をもつ SAP HANA と、日立の超高速データベースエンジン Hitachi Advanced Data Binder、ESRIジャパンのソフトウェア ArcGIS を連携させ、社会インフラに関する将来予測を可能にするビッグデータ利活用システム基盤を開発し、実用化に向けた検証を実施しました。本システム基盤は、社会インフラに関する膨大な現在と過去のデータをもとに、特定区域の混雑状況の予測など、さまざまな将来予測を迅速に行い、地図画面上で瞬時に可視化できるものです。
20151109_press_1_2


今回の開発に至った背景、今後どのように活用が期待されるのか、詳しくは 11 月 9 日に発表したプレスリリース記事「SAP HANA × ArcGIS × HADB 将来予測を可能にするビッグデータ利活用システム基盤を開発」をご覧ください。
20151109_image2_2
■関連リンク
・プレスリリース : 「SAP HANA × ArcGIS × HADB 将来予測を可能にするビッグデータ利活用システム基盤を開発