オランダのメディア、地図とデータでニュースをより分かり易く

ArcGIS プラットフォームを活用した地図によるニュース データの見える化が進むオランダ。情報発信手段としての地図活用の有用性が国内メディアに浸透しています。地図は、出来事や問題点を視聴者に分かり易く伝える手段として幅広く活用されています。2015 年 3 月に実施されたオランダ州議会議員選挙では、多くの新聞社やテレビ局が地図を活用した報道を行い、100 万人が選挙関連地図を閲覧したとされています。

Image_1

地図活用の有用性はニュース データの見える化だけにとどまりません。人口統計データといった別のデータを併せることで、特定のニュースが地域社会に与える影響を浮き彫りにすることができます。

Image_2

続きは「地図とデータで、ニュースの内容や問題点をより分かりやすく」(BNR ニュース ラジオ)をご覧ください。

■関連リンク
・事例:「第 38 回鳥人間コンテスト 2015」で鳥人間を追跡 ~夏の琵琶湖に青春の軌跡を描け!(讀賣テレビ放送株式会社)
・事例:映画「ALWAYS 三丁目の夕日 ’64」で昭和30年代の東京の街並みをリアルに再現(株式会社白組)
・事例:「NHK スペシャル データマップ 63 億人の地図」を支えたGIS(NHK スペシャル 「データマップ 63 億人の地図」プロジェクト)