Data Reviewer でデータの品質管理をしませんか?

ArcGIS for Desktop のエクステンション製品である ArcGIS Data Reviewer は、GIS データの品質管理に特化したエクステンション製品です。今回は、このエクステンションをご使用いただくメリットについてご紹介いたします。

1_5

コストの削減
データのエラーを見つけるために、特別なコードを書いたり、カスタム アプリを作成したりする作業が不要です。Data Reviewer エクステンションのみで、フィーチャの完全性や空間的な関係性だけでなく、属性やメタデータの情報についても素早くエラーをチェックすることができるため、コストの削減に繋がります。 


一貫した品質管理
仕様を満たしていないフィーチャについて、エラーとして記録し、修正内容や確認状況なども追跡情報として記録します。また、設定した品質チェックのルールをチームのメンバーや取引先と共有することもできます。これらの機能により、組織規模での一貫したデータ管理をサポートします。 

2_7

時間の削減
フィーチャの重なりや属性情報のチェックなどを含む 40 個以上の項目から組み合わせて作成したルールによって実行する自動的なチェックや、結果が基準を満たしているかを目視で確認する作業をサポートする機能によって作業効率を向上させることができます。多大な時間を要するデータの確認業務から解放され、その労力を他の作業へ移行することが可能です。 


ナレッジの蓄積
データの品質管理に関するベスト プラクティスがドキュメントとして保存されていたり、担当者の頭の中に納まっていたりしませんか?それらの情報を集約した Data Reviewer のルールをパッケージ化しておくことで、それぞれの領域や組織で必要とされる基準をより確実に満たせるようになります。 

3_6

情報の透明性を向上
欠陥のあるデータ品質のソースや原因を自動的に蓄積し、統計情報として可視化します。レポートとして出力することで、データの状態やエラーの傾向を分析したり、共有したりすることができます。

Data Reviewer の機能については、以前の記事「GIS データの品質管理専用のエクステンション ArcGIS Data Reviewer のサポートを開始しました!」もご参照ください。


■関連ブログ記事
ArcGIS Data Reviewer エクステンションを使ったデータの品質管理 – トポロジ ツールとの違い –