ArcGIS Runtime SDK 10.2.7 for .NET をリリース

3 月 11 日付で ArcGIS Runtime SDK for .NET の最新バージョン 10.2.7 の国内サポートを開始しました。

今回のバージョンアップでは、3D 表示の機能強化やグローブに大気圏を表示するなどの機能追加を中心に、その他にもネットワーク解析機能の強化や不具合修正が行われています。 

Atmospheric

また、開発環境として新しく Visual Studio 2015 をサポートし、OS も Windows 10 をサポートしました。

※Windows 10 では、Windows 8.1 用の Windows ストア アプリ、Windows 10 用の WPF アプリのみ開発可能です。ユニバーサル Windows プラットフォーム アプリの開発には対応しておりません。

更新内容の詳細はリリース ノート(英語)をご参照ください。

■関連リンク
ESRIジャパン Web サイト:
ArcGIS Runtime SDK for .NET

Esri 社 Web サイト:
リリース ノート
ArcGIS Runtime SDK for .NET