ArcGIS API for JavaScript バージョン 4.5 およびバージョン 3.22 をリリースしました!

ArcGIS API for JavaScript の最新バージョン 4.5 およびバージョン 3.22 をリリースしました。以下では、本バージョンにおける新機能、機能拡張の一部をご紹介します。

バージョン 4.5

2D WebGL レンダリング(ベータ版)のサポート

2D WebGL レンダリング(ベータ版)のサポート

2D WebGL レンダリング(ベータ版)のサポート

2D マップで WebGL を使用したレイヤーの描画がサポートされました。上の 2 つの動画は WebGL を使用してレイヤーを描画したものです。

WebGL は Web ブラウザーを通して GPU へアクセスし、3D 描画などの高度なグラフィックス処理を実現する API です。WebGL を使用することで、より多くのデータを素早くマップに表示できるようになるほか、可視化したデータの更新もスムーズに行えます。

WebGL レンダリングを有効にするには、dojoConfig を以下のように設定します。

 
<script>
  var dojoConfig = {
    has: {
      "esri-featurelayer-webgl": 1
    }
  };
</script>

描画ツールの追加

描画ツールの追加

2D のマップにグラフィック(ポイント、ポリゴン、ライン)を描画する描画ツールが追加されました。マップにジオメトリを描画して範囲を示すほか、目印として使用するなどの使い方があります。

SketchViewModel
グラフィックをマップに追加するプロセスを簡素化し、シンプルなコーディングで基本的なジオメトリ描画に対応します。

Draw
グラフィックを作成するための高度な機能を提供します。たとえば、下の画像のように作成したジオメトリの自己交差を検知し、防止する機能を実装することもできます。

描画ツールの追加

スマート マッピングの機能拡張

レーザー測量で取得した LIDAR データを処理した点の集合体で構成される点群レイヤーにスマート マッピングがサポートされました。

スマート マッピングは、レイヤーと、レイヤーに含まれる表現したいフィールドを指定するだけで、フィールドの持つ値をもとに最適なレンダラーを作成する機能です。スマート マッピングを活用することで、点群レイヤーのシンボルの大きさや分類の閾値などを独自に設定することなく、最適なレンダラーを簡単に作成できるようになりました。

スマート マッピング機能を用いて点群レイヤーのレンダラーを作成するメソッドは以下の 3 つです。それぞれのメソッドはレイヤー インスタンスやフィールド名を指定するだけで自動的にレンダラーを作成します。

colorRendererCreator.createPCContinuousRenderer()
点群レイヤーの標高または反射強度などの属性値をもとに、連続的なカラーランプを用いて可視化する PointCloudStretchRenderer を作成します。

PointCloudStretchRenderer

colorRendererCreator.createPCTrueColorRenderer()
点群レイヤーの RGB 値をもとに、トゥルー カラーを使用して実物に近い見え方で可視化する PointCloudRGBRenderer を作成します。

PointCloudRGBRenderer

typeRendererCreator.createPCClassRenderer()
点群レイヤーのクラス コードまたは低植生、高植生、地面など点群データを分類する属性値を使用し、個別値を可視化する PointCloudUniqueValueRenderer を作成します。

PointCloudUniqueValueRenderer

バージョン 3.22

クラスタリング機能の追加

クラスタリング機能の追加

フィーチャ レイヤーと CSV レイヤーがポイント データのクラスタリングをサポートしました。

クラスタリングを有効化すると、多数のポイント データを集約しマップに表示します。これにより、データの分布パターンを把握しやすくなります。

クラスタリング機能の追加

クラスタリングされたフィーチャをクリックすると、ポップアップが表示されます。ポップアップにはクラスタに含まれるフィーチャ数が表示されるほか、各フィーチャの属性情報についても参照することが可能です。

その他の更新情報や新機能については、ArcGIS for Developers の ArcGIS API for JavaScript 新機能(英語ページ)(バージョン 4.5 / バージョン 3.22)をご参照ください。

※ベータ版は試用を目的とした公開であり、正式なリリースではありませんので、機能あるいはパフォーマンスについての保証はされておりません。

■関連リンク

ESRIジャパン Web サイト:
ArcGIS API for JavaScript

Esri 社(米国)Web サイト:
ArcGIS API for JavaScript(バージョン 4.5)
ArcGIS API for JavaScript(バージョン 3.22)

Esri Japan GitHub:
ArcGIS for Developers 開発リソース集