ArcGIS Pro で基盤地図情報データが変換できるようになりました!

変換ツール (国内データ) for ArcGIS Pro Ver.1.0 をリリースしました。

このバージョンでは、ArcMap の国内対応パックに含まれていた変換ツール (国内データ) のうち、[国土地理院] ツールセットにあった [基盤地図情報のインポート] と [数値地図 (国土基本情報) のインポート] ツールをアドイン ツールとして提供しています。

[基盤地図情報のインポート] と [数値地図 (国土基本情報) のインポート] ツールでは、国土地理院が提供する基盤地図情報データと数値地図 (国土基本情報) データの複数ファイルを一括して変換したり、結合して変換したりすることができます。

ツールは [国内データ] タブ → [国土地理院] ボタンから起動し、すぐに実行することが可能です。

変換ツール (国内データ) for ArcGIS Pro の詳細とダウンロードはこちら (Esri 製品サポートページへのログインが必要です)。

また、電子地形図25000 変換ツール (ArcGIS Pro) Ver.1.0 もアドイン ツールとしてリリースしました。
電子地形図25000 変換ツール (ArcGIS Pro) は、国土交通省国土地理院発行の電子地形図25000 の画像データに投影法を定義し、マップの正しい位置に表示できるようにするツールです。

このバージョンでは、電子地形図25000 データのうち、オンライン提供の定型図郭版 (JPEG/TIFF) に対応しています。

電子地形図25000 変換ツール (ArcGIS Pro) の詳細とダウンロードはこちら (Esri 製品サポートページへのログインが必要です)。

これらのツールは ArcGIS Pro SDK for Microsoft .NET を使用して作成しています。

ArcMap で提供していた他のツールについては順次提供を行っていく予定です。

■関連リンク

ArcGIS Pro 2.1 Pro SDK for .NET の新機能