「 Esri CityEngine 」一覧

CityEngine の街並みを今すぐ公開! シーン レイヤー パッケージを作成してみよう!

CityEngine の街並みを今すぐ公開! シーン レイヤー パッケージを作成してみよう!

前回の記事では、CityEngine 2016.0 の新機能を使用して、街をダウンロードして構築しました。今回は、構築した街並み(シーン)を Web 上に公開する方法をご紹介します。
CityEngine 2016.0 では新しくシーン レイヤー パッケージ(SPK) を作成できる機能が追加されています。

ce01_1

続きを読む



好きな街をすぐダウンロード!CityEngine の Get Map Data 機能を使ってみよう!

Esri CityEngine 2016.0 の新機能である Get Map Data 機能をご存知でしょうか。世界中の街の中から選択した任意の範囲の地図データや衛星画像などを切り出してダウンロードできる便利な機能です。
今回は、東京国際空港こと羽田空港周辺をダウンロードしてみます。

1. CityEngine 2016.0 を起動し、右上の「Sign in」 から ArcGIS Online アカウントでサイン インします(アカウントを持っていない方は、アカウントを作成してサイン インしてください)。

2. [File] メニュー → [Get map data] をクリックします。

CE01_001

続きを読む


Esri CityEngine 2016.0 リリース!

Esri CityEngine の最新バージョン 2016.0 を 8 月 1 日に国内リリースしました。

Ce2016_cover
Get Map Data 機能のフロー図:(1)エリアを検索、(2)詳細な範囲を設定、(3)CityEngine にインポートしてフットプリントを選択、(4)モデルを生成

主な新機能
・オンライン データからすばやく街を生成する Get Map Data 機能
・3D ストリーミング サービスで Web にコンテンツを共有
・ArcGIS プラットフォームのクラウドと連携
・大規模 3D 都市モデルの取り扱いに適した Alembic フォーマットへの出力に対応
・基本図形(プリミティブ)の挿入など新しい CGA オペレーション

詳しい情報とデモ動画は CityEngine 2016.0 新機能をご覧ください。

30 日間のトライアル版も提供しています。
Esri CityEngine Advanced Free 30days Trial

Esri CityEngine をご利用のユーザーの方は、日本語チュートリアル ガイドや、FAQ、Q&A サービスがご利用いただけます(保守有効の方向け)。
ESRIジャパン サポート サイト

 

■関連リンク
Esri CityEngine 製品ページ
3D GIS Facebook ページ


ArcGIS Pro で使用できる 3D 樹木シンボル

ArcGIS Pro ではポイント データがあれば、標準機能で 3D の樹木モデルをシンボルとして利用できます。樹木のタイプには「主題的な樹木」および「写実的な樹木」の 2 種類があります。ArcGIS Pro のインターフェイスからは代表的なシンボルをそれぞれ数種類ずつ選択することができますが、実は ArcGIS Pro で利用できる樹木モデルの数は 60 種類以上あります。
ArcGIS Pro ヘルプ のページでは、ArcGIS Pro でサポートしているすべての樹種のリストが公開されています。そのリストを元に ArcGIS Pro で使用できる 3D 樹木モデルをまとめたリストを無償の 3D ビューアーである CityEngine Web ビューアーで公開しました。以下の画像をクリックすると 3D 樹木モデルの Web シーンを実際にご覧いただけます。

Pro_tree_01

CityEngine Web ビューアーの動作環境については  CityEngine Web ビューアーについて をご参照ください。

続きを読む


Esri CityEngine ~ルール パッケージ ファイルを作ろう~

以前のブログでは、第一弾第二弾と 2 シリーズに亘って ArcGIS Pro で使えるプロシージャル シンボルは「ルール パッケージ」というファイルを読み込むことにより定義するという事をご紹介しました。今回は、そのプロシージャル シンボルの元となるルール パッケージ ファイルの作成方法をご紹介します!

ルール パッケージ ファイルは Esri CityEngine という 3D 都市モデリングの製品で作成することができます。Esri CityEngine ではさまざまな 3D モデルを設計して作成することができ、最小限の設定でバリエーション豊富なモデルを一度に大量に生成できるのが特徴です。下図は CityEngine で設計した家屋の 3D モデルの例です。

Cerpk_image_01

続きを読む



ArcGIS Pro ~サンプル シンボルを使ってもっとリアルな 3D 景観を作成しよう②~

ArcGIS 10.3 for Desktop より登場した新しいアプリケーション「ArcGIS Pro」、皆さん使っていますか? 前回のブログでは、ArcGIS Pro に付属しているサンプルのプロシージャル シンボルを使用する方法を紹介しました。今回は、ArcGIS Online 上で公開されているサンプルのルール パッケージを使用してプロシージャル シンボル表現を行う方法をご紹介します!

Prorpkblog2_01

【用意するもの】
・建物のポリゴン データ
※建物でなくても、ポリゴン データであれば何でも構いません。

続きを読む


ArcGIS Pro ~サンプル シンボルを使ってもっとリアルな 3D 景観表示をしよう①~

ArcGIS 10.3 for Desktop より登場した新しいアプリケーションである 「ArcGIS Pro」、皆さん使っていますか? ArcGIS Pro では標準 3D 表示対応なので、地形や街の景観を 3 次元で表示することができます。そしてさらに ArcGIS Pro では付属しているサンプル 3D シンボルを使うことでさらにリアルな景観表示を行うことができます。今回は、ArcGIS Pro の機能の一つ、「プロシージャル シンボル」をご紹介します。

Prorpkblog1_01

続きを読む


Esri CityEngine 2015.1 をリリースしました

Esri CityEngine の最新バージョン 2015.1 を 8 月 3 日に国内リリースしました。
本バージョンでは、Autodesk FBX フォーマットのインポートやポリゴン形式でのシェープエクスポート、座標系対応の強化などの新機能に加え、いくつかの改善や不具合修正により安定感と利便性を向上させています。

Cityengine20151_whatsnew_2


■関連リンク
Esri CityEngine 新機能
3D GIS Facebook ページ
Esri CityEngine 関連ブログ記事